自営業は大変!?愛機のスルーネックベース製作後記2 材料の調整。

このカテ、2度目の投稿です。
このカテは前回もかかせていただいた通り、メンタル的な事も時々は書かせてもらいます。
愚痴やボヤキもあるでしょうけど、ただ、常に前向きです!!
そこは変わらないし、変わってしまった時は引き時だと思ってます。

今日は日曜日。
昨日、今日と短時間ですが仕事外の予定が入っています。
人間なんで、色々あります。自由な分、自由に色々面倒もあります。
来客の予定が無いので、居る間も一応閉めてます。
けど、居る間は開けてるとも言えます(笑

『行ったけど、居なかった。』
お客さんに迷惑のかからぬ様、
そう言われる事の無い様にはしています。

多分誰かが、『あいつは晴れの日はバイクに乗ってどっか行ってる!』って言っちゃうでしょうかね。
実際にオープン前の時間は営業日でもそんな事は有ります。
そこに尾ひれはひれついちゃうんでしょうかね。
けど、営業カレンダー通りの行動はとってます。
体調不良や、子どもの問題等、余程の事が有れば、
入り口に『電話ください。すぐ戻ります!』と張り紙なり、
直接ガラスにマジックで書くなりして出ています。

初めてのお客さんでも、
『いつも居ないですよね。』とか、
『前に行ったら居なかった。』なんて言われてしまう事もしばしば。
身の覚えが有りません(~_~;)

まっ、それでも自由にやれているんですよね。
業種によっては、一瞬の不在も命取りになりかねませんし。
お客様は神様というのは、まさにその通りで、
相手にしていただけるだけでも幸せな事だと常々思っています。
どんどんからんでください。

さてさて、ベース製作工程後記2です。
完成後は下のYouTubeの感じ。曲はスティービーワンダーのパートタイムラバー。
友達のMurawonのピアノ以外は自作楽器です。
歌(Murawon)はまだなんで、まずは未完成バージョンを聴いてみてください。
ベースって面白い!!そして、弾き直したい病w

一緒にいただいたウォルナットも有るんで、頂き物シリーズでベースを作っちゃいましょう。
そんな考えになりました。
カリンとウォルナットでスルーネック部分を作りましょう。
まずは材料の切り出し前の平面だしをします。
イメージ 1
イメージ 2
ブビンガはカンナをかけただけの状態で本当に美しいツヤが出ます。
そして、そのクズは、甘く香ります(〃^∇^)o_彡

ざっくりとけがいてみました。
イメージ 3

切り出して、指板の乗る面の平面を確認しています。
貼り合わせ後にもう一度カンナをかけますが、先の事を考えるとこの時点でも良い状態なのが楽ちん。
ついでに木目のちゃんと考えて貼り合わせないと、
せっかくの貼り合わせネックでも強度が期待できません。
イメージ 4

次回はネック部分の材料を全部切り出したところをご紹介させていただきます。

\¤\᡼\¸ 8←こちらもクリックお願いします!

Yuary Guitarsでは、ギター製作・ギターリペアを承っております!
Facebookページでは、リアルタイムで作業状況の更新、お得な情報を公開しております。
是非「いいね!」お願い致します♪

www.facebook.com/YuaryGuitars.okhotsk
北海道ギター製作・ギターリペアショップ
Yuary Guitars

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA