禁煙生活1年経過!!  放射性物質の悪夢・・・

2014.11月。
嫁に連れられて病院に行ったのが、昨年の11月初旬だったと思います。
初めての禁煙ブログの日付からみても、1年以上経過は確実です。

もうすっかり吸わない事に慣れてしまったので、
今は全く『吸いたい』と思うことはありません。

禁煙がきっかけで、肥満が促進し、
そのおかげでダイエットにも取り組むことが出来ました。
※ダイエットのことは近日中に詳しく書きます。ちょっとマズイ感じw

血液検査でも正常値を示すようになりましたし、
衣服も通常のサイズが選べるようになり、ショップも問わずとなりました。

禁煙には、良い事しかありません。

img_0_m

放射線物質に関して、原発倒壊の『あの日』以来、過敏になっているというか、
関心を持たれている方も多いかと思います。

いつだったかな?
タバコに含有される放射線物質の記事をどこかで読みました。

禁煙中の私には全く関係ないことですが、「へぇー。」と思った記憶があり、
今回のブログ更新にあたり再度、調べてみました。

簡単な説明が有ったので、そちらをご覧ください。

「放射性物質ポロニウムは、暗殺にも使われる毒性の高い放射性物質であるが、日本で生産されているタバコに も含有されていることが明らかになっている。タバコによって体内に取り込まれたポロニウムは、繊毛作用によって気管支に蓄積し放射線を放出する。私どもが 厚生労働省から提出を受けた資料によると、タバコを一日一箱半喫煙する人のポロニウムによる放射線の曝露量は、年間で80mSvにも及ぶことになる。男性 の喫煙者の平均喫煙量である一日一箱でも年間53mSvにもなる。そして、喫煙によるポロニウム曝露に起因する健康被害は、一日一箱を15年間吸ってきた 喫煙者では、喫煙によるがん死亡リスクの約1%程度にもなるとされている。そして、70年間吸ってきた喫煙者では、約4%程度にもなるとされている。現 在、福島第一原発事故によって、広範囲に放射性物質が放出され、外部被曝や内部被曝が問題になっているなかで、食品安全委員会は生涯累積線量100mSv を採用し、厚生労働省は食品の規制値設定に際し年1mSvを採用している。これに比してもポロニウムによる曝露量は、とてつもなく高いものであり、放射線 被曝をトータルに考えた場合、放置することは出来ない」

なんかねぇ、、、

色々と微妙な、、、

クソですね、、、

やっぱり、吸いたい人は吸った方が良いよ!!

健康に悪い事は確かだけど、人の意見に踊らされてはいけませんね!!

今日の空気も美味しいよ!!

美味しい空気の中で吸う一本がうまいんだよね~(≧▽≦)

\¤\᡼\¸ 8←こちらもクリックお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA