世界野球準決勝、本日でした!! 海外では色々な意見が有る様ですが、とりあえず楽しみましょうよ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

早く観たいっすね!!

ソファーに座って、熱くなったり、イライラしたり、届かない声援送ったり、やじったり、、、野球観戦の醍醐味です。

もちろん勝つに越した事はないのですが、負けが有るから面白いのです。
綺麗事言ってるのではなく、、、そうですよね?

勝ったら、、、『さすが大谷!!持ってるな!!さすが日ハム!!メジャーも近いね!!』
負けたら、、、『ニヤニヤしてるから!!真剣味が足りねぇんだよ!!お兄ちゃん!!』

ねっ。勝っても、負けても面白いのです(笑
野球ファンは、どの場面でも楽しんでます(笑
どんだけ、ヤジを飛ばしても、必ず応援しますもんね(笑

うちの親父は、目立ったスター選手が昔から嫌いな臍曲がり親父でして、
今でも、大谷や、中田が出ると、プレイする前から、『こいつはダメだ。』と・・・。

で、本当にダメっぽいときは、『寝る・・・。』と一言だけ言って、床につくのでした。

多分、誰よりも期待してるんでしょうね(爆笑
口にはしないですけど、、、。
かつて、息子である僕にもそうでした、、、。
不器用な昭和の親父ですよね(笑

器用な平成の親父は、子供と一緒に、『中島出してくれ!!あいつの凄さは日ハムファンが良く知ってる!!』『大谷足なげぇ!!かっけー!!』『中田、怖いけど、笑顔がかわいい!!』と素直に楽しんでるんですけどね(笑

まぁ、そんな感じで今日も楽しみましょう!!
スクリーンショット 2015-11-18 9.24.50

しかーし!!
ネットのニュースでこんな事が書かれてます(涙

まぁ、どんな意見が有っても否定も肯定もしませんが、色々と考えちゃいますよね?

〜ここから〜

韓国内が屈辱感に満ちていた。韓国代表が11月8日に行われた野球の国際大会 「プレミア12」1次ラウンド初戦で日本に完敗(0-5)したのを受け、9日付の朝鮮日報(電子版)は聯合ニュースを引用して「韓国ネットユーザー『がっ かり』 野球で日本との差を痛感」と題して報道するなど、韓国メディアは日本との実力差に落胆ムードが漂った。さらにデーゲームがない日本の試合日程の組 み方に「日本の横暴」などと異議を唱える報道まで見られ、韓国ネットユーザーは「日本のやり方が汚い」などと批判し、怨嗟の波は留まるところを知らない。

 試合は、日本先発の大谷翔平(日本ハム)が160キロ台の速球に高速フォークなどを織り交ぜて、6回2安打無失点で10奪三振と試合をつくった。 これに対し、韓国・金寅植監督は「大谷は球が速いうえにフォークボールが素晴らしく、我々の打者がついていけなかった」などと完敗を認め、中央日報は「分 析しても打てない剛速球」と大谷を絶賛した。

 そして、中央日報は韓国内の選手育成法に論が及んだ。韓国野球委員会が現在、日本のプロ野球 界で150キロ台を投げる投手が増えた要因を研究しているとする。プロ球団の指摘として、最近の新人選手について体格はいいが、基本技が劣り、特に新人投 手の大半は肘と肩にけがを抱えていると指摘する。

 さらに、日本では中学時代から体系的に教育し、高校野球で投手はエース1人の連投のケー スが少なくなり、韓国で問題視される「酷使」が減少している現状を紹介。結論として、アマチュアを掌握する大韓野球協会が短・長期的に「良い選手を育てる 方法を見いださなければならない」とし、「必要ならプロや政府の支援も要請できる」と伝える。

 結局、“親方・太極旗”である。民間ではど うしようもない場合、公共機関に頼ればいいという安易な考えが透ける。そして、成果が挙げられなければ、政府が悪いとなるのか。つまり、反日ナショナリズ ムと同じように、国民の目を外敵に向けさせて内政を円滑に進めるすり替え手法と同じではないか。

 韓国メディアの中には、デーゲームとナイ ターの混在した試合日程に不満を示し、日本が横暴だと説くものもある。混在により、選手がコンディションづくりに悪影響を及ぼすとし、韓国は台湾での4試 合のうち1試合がデーゲームなのに対し、日本は4試合すべてがナイターだと指摘し「日本の横暴が国際大会にふさわしくないように見えるのは事実」だと批判 する。

 中央日報は、韓国が日本に完封負けを喫したのは2006年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝(0-6)以来9年ぶりで、日本との対戦成績は1998年以降16勝13敗とし、屈辱感をにじます。

 これには韓国ネットユーザーも同調。大会の意義そのものに疑問を呈しながら「次の大会からボイコットしよう」とか「(プレミア12に)出ること自体意味がない」などと批判のコメントを寄せていた。

 聯合ニュースは韓国ポータルサイトへの投稿として「日本の投手の球速や球威をみると、われわれと比較にならない。今回の試合は実力の差で完敗したもので、球場や審判のせいにし言い逃れしてはならない」という正論の声もあるが、影が薄く感じ、むなしく響く。

〜ここまで〜

難しい事は考えずに、応援しましょう!!

こんな本も息子に買ったんですが、興味がないというか、なんというか、やるのは楽しいんでしょうが、『上手くなりたい!!』なんて、小5じゃ思えないんですよね。
全く読みません!!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA