ESP ジョージリンチモデル 電気系他リペア

今年も残すとこ数日となりました。
明日から週末なので、年内は今日で仕事納めなんてお話も耳にしております。

良いお年をお迎えくださいね!!

さてさて、
今回ご紹介させていただきますギターは、ESPのジョージリンチモデルです。
80年代〜90年代頃はクラック塗装の(クラックルなんて呼んでた?)ギターが流行りましたよね。ジャクソンやシャーベルでも作られていました。
僕も中学生の頃にそれに憧れてアリアプロ2のソロイスト風のモデルにカッティングシートを貼った記憶があります(笑

フロントピックアップがなく、ポットもジャックも無い状態です。
ネックも結構順反り気味。アームガタガタ。復活させたい気持ちはわかります!!

IMG_5082

お持ちいただいたピックアップが配線もなかったですが、抵抗値も安定しておりますので生きているのが確認できました。そうそう、フロイドは弦をロックするインサートブロックを紛失しがちなので、メンテの際はマスキングテープを貼っておきましょう。
IMG_5083

ピックアップセレクトは、プッシュ・プルスイッチ内蔵ポットで行います。今回は瞬時に切り替えられるよう、プッシュプッシュのスイッチを使用しました。
舟型のジャックプレートを装着し、配線を半田付けし、完了となりました。
IMG_5085

ネックは結構順反りが出ておりましたが、オーナー様よりその部分のご要望等はございませんでしたので、これからの乾燥等でも逆反りにならない程度のほど良い感じで調整させていただきました。
ネックの調整というものは、実は個人の好みという部分も大きく、割と順反り気味で高めが好きなんて方も実際にいらっしゃるのです。
ただ、極端な調整は先を考えてもオススメは出来ませんかね。

良い感じに完了です!!
年末年始は弾き倒しちゃってくださいね!!
IMG_5084
全然話は変わりますが、ネットを見てたらランディVが新品で29800円って!!
欲しいかも!!と思った反面、廉価版とは言え、いいんすか???

正直格好も良いですし、ギターしても十分な出来でしょう。
ちょっとの不具合はうちに出してくれたら良いですし(笑

国内の大手ギター工場はこれからますます厳しくなるのでしょうか?

ギターに限った事では無いのでしょうが、この先どうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA