スルーネックベース製作後記11 ボディ整形・貼り付け!!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
なかなか完成に至らない製作後記ですが、今年もお付き合いで読んでいただけると嬉しく思います。

前回はスルーネック部分の切削工程のご紹介をさせていただきました。
このブビンガを主としたスルーネックは『コツッ』と叩くと、『ゴーン』と答えてくれる感動があります。

さて、工程のご紹介にまいりましょうか。

まずは、ボディのカッタウェイ部分を削ります。
11075152_821922134556016_7488021270109303423_n
20785_821922097889353_4987991143191718079_n
触っていても気持ちの良い形状です。
ワーウィックの平面に近いものではなく、裏表が曲線で繋がるアールが特長です。

合わせるとこんな感じです。
10649666_821922254556004_7867575347934080625_n

この羽(ボディ)部分は角度が付いております(ここを見てください)ので、ずれずにしっかり接着できる様、片側ずつクランプします。
10606372_822683824479847_5296448616225299193_n
16899_822683861146510_462024724637880754_n
4弦側のボディエンドをカットしていないのはクランプ用だったんですねー(笑
ここをカットしちゃうと、クランプの力が逃げてしまうので、接着後にカットです。

ギターっぽくなってきましたね!!

続きは次回!!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA