飛行機で海外まで追加料金なしでギター(楽器)は運べるの?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!


昨日はLAライブの記事を書かせて頂きました。
準備中に少々厄介に感じたのが『海外に楽器は運べるの?』といった点です。
前回はピーナッツリターンで行ったのですが、『オーバーしてるけど、今回だけ特別ね!』という事で往復ともに冷や汗状態で切り抜けました。
追加料金となると航空会社によって開きはあると思いますが、片道2万円くらいかかるケースもある様です。
ウッドベースなどの大型の楽器は座席を一つ楽器用に取るという大変コストのかかる事態になる様です。


僕らは今回ANAでロサンゼルスまで行った訳ですが、ANAはハードケースに入れたギターを運べるのか?という所がやはり気になりました。

ネットで調べる限りですと、3辺合計158cm以上は超過料金が発生し、国際線(アメリカまで)ですと、2万円と書かれています。往復4万円なら現地で安いギターを買って現地の友人に貰ってもらった方が良いですよね。しかし、ギターを作ってると変な基準が自分の中に出来てしまって、自分の作ったギター以外は使わない!となってしまっているのです。
余談ですが、そんな理由からPRSやレスポールが弾きたいと思ったら買うのではなく、作って弾いているのです。良い悪いの問題でもなく、商売柄自分の作ったギターしか弾けないんです。

ネットでブログや知恵袋なんかを見ても、『座席を買え!』『超過料金発生!』そんな話ばかりで完璧な回答は皆無でしたので、直接聞いてみました。


『158cm越えは超過料金20000円』という回答でした。
あー、やっぱり、、、バラしてキャリーに入れて持って行こう。
そう思っていたのですが、数分後にANAから電話が来ました。
『楽器に関しましては、サイズの超過分(203cmまで)に限り、超過料金は発生せずに預け荷物として可能。』という内容です。重さ(エコノミーは23kgまで)に関するオーバーは適用されず、超過料金が発生するとの事です。
また、ソフトケースでの預かりは基本的にNGとの事です。

JALに関しては、203cmという数字がwebでも確認できますので、心配無用で乗せる事が可能です。

それと、ANAの対応が素晴らしい!
利用する空港でトラブルにならない様に、事前にギターを運ぶ事を伝えておきます。との事でした。僕の名前とベースのOさんの名前を伝えましたが、どちらもすんなりでした。


そして、無事にLAXに到着!!トムブラッドレー(リー)は政治家の名前らしいです。LA初の黒人市長を務めた方の様です。
IMG_8073
僕らのツアーは西海岸。この頃ワンオクは東海岸でツアーでした。子供達は超残念がってましたが、ちょっと良い事もありました。それは後日書かせて頂きます。

夜はお洒落なレストランで食事。
お店の裏はこんな感じ。
IMG_8076

ステーキがうまい!!でかいしw
IMG_8078

ホテル前の日用雑貨店では、ガソリンが売られていました!!
IMG_8095
そして、ホテルに到着!!プールもあります。
IMG_8092

ホテルといってもモーテルです。

あちこちに展開しているMotel6です。

ロサンゼルス旅行の続きは明日にでも書かせて頂きますので、是非ご覧ください!!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA