スポーツスター ユーザー車検に向けて光軸調整機構の改良!?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!


先ほどは、スケボーの怪我に関して書かせていただきました。
大事に至らない怪我や、喉元を過ぎたなんちゃらなんかは、勲章と思っちゃうのでしょう。
人間って嫌ですね(笑)
怪我意外にも色々ありますね。
『俺の血圧は上が200だ!!』という不健康自慢や、『今、財布に30円しか入っていない!!』という貧乏自慢とかも有ります。
ただ、自慢できる状態というのは、何らかの対処をしていたり、開き直れる事だったり、精神的な面ではそれほど深刻ではない場合が多いでしょう。
考えてみると、、、本当に深刻な事はこれだけ長い事をブログを続けていても一切触れる事はなかったりします。


さてさて、バイクの車検有効期限が残すところ2週間です。
今週中に行こうと思い、運輸支局のサイトで予約を入れようと思いましたが、天気がずっと良くなさそう(泣)
雨の車検は嫌ですね。
整備・点検もまだですので、予約を入れる前にそっちをやっちゃいましょう。

前回のユーザー車検で唯一ダメだったのが光軸です。
ハーレー(スポーツスター)はヘッドライトバイザーからボールジョイント一点で吊られています。それで横振りから、縦振りまで調整します。たった一個のナットを緩めるだけで自由自在に調整できるんです!!
IMG_9221

ちがーう!!

この機構が非常にアバウト!!締め込むと向きが変わるんです。微調整なんて出来たものじゃありません。前回の車検時はテスター屋さんも『無理だわ〜。』って事でした。
で、車検の対策として、『緩めた状態で、アクセルをぶん回して、体重移動しながら・・・。』そのアドバイス通りにしたところ、、、

見事合格!!

納得いきませんよね。一応、自分なりに良い整備をして乗っているバイクなので、納得いきません。

その時に言われたのが、『下に向けたいんだけど、締め込むと上がっちゃうんだよね〜。』でした。

なので、強制的に下げる機構を追加しましょう。

なんて、格好良い事を言ってますが、一本ボルトを追加するだけです。

躊躇なんてしてはいけません。M6のネジを切っちゃいます。
IMG_9223

この通り、ボルトを締め込むとヘッドライトが下を向きます。
IMG_9225

高さはテスター屋さんにお任せしますが、これなら狙った高さ・角度に調整が可能です。
ただ、このヘッドライトバイザーはアルミ製ですので、このボルトを締め込んだままだといずれはネジ山がバカになりそうなので、きちんと角度が出た後は抜いて置くのが良いのでは無いでしょうか?過去に何度も有りますが、スポーツスターの振動をなめていたら痛い目を見ますからね(笑)
最近友達がマフラーの取り付けナットがなくなってたらしいですし(笑)

ヘッドライトのローポジションと、ブレーキランプが切れていましたので、それを交換し、F1ライトも車検に向けて撤去しました。それにしてもブレーキランプはよく切れてます。年に一回は交換してる気がします(笑)

IMG_9227

このF1ライトっていうのは、イグニッションオンでライトが点灯しないのでスタートに大電流を必要とするスポーツスターなんかのバッテリー保護には良いらしいです。

つけ方はいたって簡単で、H4バルブと車体の配線の間にかますだけ。

一度ハイビームにするとライトが点灯し、その後ロービームに戻しても消灯する事はありません。キーをオフにするとまた消灯状態になります。

world walk ワールドウォーク【スポーツスター XL1200L用】F1 ライトスイッチEVO

価格:6,457円
(2016/8/15 10:46時点)
感想(0件)

特に違法な部品や構造では無いのですが、キーONでライトが点かなくて何か言われても面倒なので、車検時は外していくのが得策でしょう。

そして、ピリオンパッドを装着し、車検の準備的にはこれでOKです!!
この小さなシートに座ってこの紐を握って乗るのってめっちゃ怖いんですよ。
去年、友達のスポの後ろに乗ったんですが、ケツが半分落ちている状態で後ろに振り落とされるんじゃないかと不安でした。カップルや親子ならしがみつけますが、友達にはしがみつきたくないじゃないですか(笑)
IMG_9228

ブレーキパットとか、その辺もOK!!

こうなると、さっさとユーザー車検を終わらせたいですね〜。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA