Gibson J−45 サドル製作〜ピエゾバランス調整

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 クリックお願いします!!


おはようございます。

北海道はもう冬が来そうです。
昨日もチラッと書きましたが、先週は半袖でOKでしたが、
ここ数日は秋物の上着どころか、防寒着が必要なほどの冷え込みです。

暑い夏が恋しい今日この頃です。

そんな弱気ではダメです!!
29日はライブです!!僕らが熱い夜にしてみせますので、ぜひおいで下さい。
ワンオク、ガンズ他やります!!
『オホーツクミュージックフェティバル(会場オニオンホール)19:05〜』 
YuaryGuitarsでもチケット(1000円)を販売しておりますので、買ってね!!


さて、J−45のサドル交換です。

タスクから、牛骨へ変更し、弦高も下げます。

オクターブも蔑ろにしない様に格好良く作りたいですよね。

画像では分かりにくいですが、結構格好良いと思います。
牛骨のツヤと、このシェイプはなかなかのお気に入りです。
もしかしたら、僕にしか感じられない部分かも知れませんが、それでも良いんです(笑)
さりげないお洒落とでも言いましょうかね。

img_9973
img_9971

僕はもうそこそこ慣れっこ(当たり前ですね)ですが、ぴったりの大きさに削り出すのはそう簡単ではなく、油断すると時には失敗して作り直しも有ります(笑)

ここまでは日常的なお仕事です。

が、、、

ピックアップの出力バランスがかなり酷いのです。
1弦小さい、2弦でかい、3弦聞こえない、6弦輪郭なし、、、、、、、、

ひょっとして牛骨の密度とかの問題で更にバラツキが酷くなった?
そんな不安も有り、元のタスクに付け替えて真剣に聞いてみたところ変わらずバランスが酷いです。

溝の切削の問題なども関係していますね。

生音はお気に入りとの事も有り、ギターには手を入れずにバランスを調整させて頂きました。

弦を張って、バラして削って、繋いで、聴いてと、20回以上は繰り返しました。

そんなに繰り返しましたので、3弦はもちろん切れました(笑

最終的な写真は撮り忘れましたが、
途中はこの位(↓画像)極端にそこ面の高さを調整してみましたが、これで丁度良い感じです。

img_9968

結果、生鳴りもライン出力も、どっちも更に気持ち良くなりましたよ!

実は、放置している方多いですよね。

気になっていませんか?


ピックアップのバランス調整は3000円〜です。

サドル製作は5000円〜です。

※特殊な形状では無い限り、この金額で収まります。


にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 クリックお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA