通し竿近代的飛行武威ギター(スルーネックモダーンフライングV)製作 其の伍

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


今朝も頭痛が酷いです。
風邪によく似た症状が出ています。
朝のジョギングもお休みしました。

そうそう、娘の通う中学ではインフルエンザがかなり流行している様です。
娘はインフルではないので僕が娘からもらう事はある訳もなく・・・。

そんな娘の今朝のラテアート。
若干レイヤーハートっぽくなっていますね。ちなみに僕は失敗しました。
img_0819
最近はこれを飲んでから学校に行かないと眠たくなるそうです。
完全に思い込みですね(笑)

さっ、気合いで風邪を吹き飛ばします!!


通し竿近代飛行武威ギターの続きです。
ここまでの記事はこちらでご確認くださいませ。

前回はヘッドの整形まででした。
次はいよいよボディです!!

いろいろ並べてみました。こちら完全なフライングV的な形では無いのでサンダーボルト風にはなりませんね。それでも組み合わせてみるとなかなか面白いです。
img_0701

貼り付け前にキャビティーの切削をしてしまいます。
特に、ピックアップ線の通し穴や弦アース穴を後から開けるのは結構大変なので、この状態でやってしまいましょう。

モダーンともVともつかないレイアウトですが、ピックガード形状がどっちに転がっても格好良くという意図が有ります。
img_0740
ジャックの位置は『股挾み弾き』を考えると絶対に正面に有るのが良いですね。

裏面は大胆にいきます。img_0741
img_0742

秘密の地下通路も作っておきましょう(笑)
img_0743

うん、万全!!のはず。
これで貼り付けられます!!

ギターっぽくなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA