Gibson ネック折れリペア完了〜HIDEモッキンバードの塗装

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


そういえば、腱鞘炎がほぼ治ったかな?
ギターを弾いても痛みは感じませんし、仕事中も全く気にならなくなりました。
良かった良かった。

体の不思議が・・・。

数年前に切った左手の人差し指の感覚がずっとないんです。
甲側の感覚なのでギターを弾く分にはそれほど問題ないんですが、一番嫌なのはごく稀に包丁を使う際にそこに触れるんですが、感覚が微妙なので非常に嫌な気分になります。怖いですし。

そこの部分が昨日いきなりジリジリと痺れました。
『うぉー!なになに??この痺れ!!!。いや〜!!』
ほんの1、2分でしょうか?
その後は元の感覚の無いままに戻りましたが、今日は微妙に感覚があるんです。
良い方向に向かう分には嬉しいですが、常に痺れる様な事になったら嫌ですねー。

怪我ってのは、歳をとった時に変な感じで後遺症が出てきたりするらしいので、それだったら嫌ですね。


さて、リペアです。

先日お伝えさせていただきましたES−335のネック折れリペアが完了いたしました。

Gibsonのヘッド折れ修理とギター弾きの腱鞘炎。
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!! 突然ですが、 ギター弾きの皆様、腱鞘炎って経験ありますか? ...
がっちりくっついてます。フラットワウンドにもビクともしませんよ〜。

↓接着後、塗装面を均したところです。
今回、塗装は施しませんのでうっすらと線が見えますが、機能には問題ありませんし、触った際にもわからないほどの状態です。

ペグをつけて、弦を張って、ロッド調整をしました。バッチリです。

チェリーの335好きです。
後ろのマーシャルセット、売ります。13万円ですが、多少は・・・。

ありがとうございました!!


そして、手書きのHIDEペイントのモッキンバードのペイント部分のみのクリア塗装&大改造なのですが、ペイントが消えそうで怖いので最初に塗装します。
どうにか弾かずに下吹きを終え、二度目を吹きましたが、もちろんまだペイント部分は盛り上がってます。ムラや塗料のカスカスな感じが有りますのでこのまま重ねるのも怖いですが、かと言ってペーパーをかけるのも怖いです。

こういうのは焦っちゃダメっすね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA