第5回 GGIギタリストの音楽理論学習会 『ドミナントモーション』

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


久々に最近ギターの練習が面白い。
理論を考えながら弾くと、ほんと、今まではただ半信半疑、闇雲に弾いてた感じから、狙って音を出す楽しさというの味わえます。
40過ぎて、この段階なので、今までもったいない時間を過ごしてきたなぁ。と感じてますが、遅い事はあるまい!!
人生、遅すぎる事はない!!

いや、あった!!

昨日WBCを見てて、俺も野球やってればなぁ。と(笑

こればっかりは今から始めてもダメっしょ。
せめて、少しでも経験が有れば、朝野球とかも楽しそうですが、運動はダメなんです(涙)
運動出来てたらギターなんて弾いてないとか(笑)


さて、今日はドミナントモーション!!
はやいもので、今回で5回目です!!
今までの記事は、こちらを。

僕が知りたくてウズウズしていたところに迫ってきています。

アドリブで弾く場合や曲作りにもかなり重要な奴っす。

結論から言うと、このドミナントモーションというのはドミナントからトニックへの進行を言います。

(トニック、サブドミナント、ドミナントという主要三和音があるという話を以前書きましたが、それ覚えてます?)

ドミナントモーションというはどういうモーションかと言うと、ドミナントからトニックへ落ち着くという意味です。
分かりにくいですね〜。

簡単に言うと、

『おやすみ』という名の曲が有るとします。



『おやすみ』 歌詞:父ちゃん

もう朝か!そろそろ起きて走ろうか?
ベッドから素敵なポーズで今日も華麗に飛び降りた!!
(トニック)

今日も大した何もしないで22時。
飯も食ったし、風呂入って、歯磨こうぜ!!
(サブドミナント部分でしょうかね)

なんだか歳のせいか最近頻尿気味。
寝る前だ。「トイレにいっといれ。」と呟きながらトイレに来たけど、
誰もが僕を知らんぷり。
(ここがドミナント)

家族はかまってくれないから、
ベッドに来たぜ、お父ちゃん。
イイ夢見るよ、お父ちゃん。
(トニック)



ドミナントからトニックへ行く感じ、『安心』するでしょ?
(寝るという歌なのに、トイレで終わるのはちょっと訳ありな感じですよね?(笑)
曲でもドミナントで終わったりするので、人生と音楽というのはやはり深いつながりがあるんですかね(笑))

まぁしかし、、、サブドミナントからのトニックよりも、トニックが続くよりも、ドミナントで終わるよりも、ドミナントからのトニックが良い感じしません?

これをドミナントモーションと言います。

楽曲でもこの『不安』からの『安心』部分が必要な要素と言えるでしょう。

これ、音的な話も一応書きますね。

ドレミファソラシ〜まで歌ってみてください。
シ〜までですよ!!
ドに行きたいでしょ?

そんな心理作戦で、キーCのドミナントG7はトニックのCに行きたがり屋さんという事です。
もっと詳しく見てみましょう。

G7はG,B,D,Fからなりたってますが、このB(シ)がC(ド)へ行きたがるのが、今さっき歌った感じです。

ちょっと待った!!なんで、今回からドミナントがセブンスになってるの!?と思った方、鋭いです!!
実は、ドミナントって、セブンスって決められてるっぽいです。ただ、セブンスがつかなくても僕らが普段耳にする音楽にはそれほど影響がないですし、セブンスついてない既存の曲も多いですし、、、深い話は、深い人のところでお願いします。3声で説明されている本でも、ドミナントだけは基本的にセブンスになってます。

というのは・・・。
多分・・・。

7番目の音というはマイナー7度の音で、こやつがメジャー3度に行きたがりという決まりがあって、行きたがりの重複で行きたがりの倍増を図っているのかと思われます。

ややこしくちゃんと書くと、ドミナントセブンスはルートの次の音と決め手となるセブンスまでは全音3個(半音6個)の音の幅となり、その両端の音はそれぞれすぐ内隣の音に行きたがる法則って事です。

『トライトーンの反進行』ってやつらしい。

ギターでいうと、5弦の2フレットから8フレットがG7のそれ(半音6個、順番に弾いてみてください。)ですが、
G7    →C
2フレット→3フレット
8フレット→7フレット
が行きたがりの法則です。

この『トライトーンの反進行』がドミナントモーションの定義っぽいので、セブンスじゃないとダメなんです。多分。

CーG7ーと弾くと、Cに行きたくなるのが、それです。
号令のピアノも、Cに行かなければ、着席出来ません。
なんか音楽って凄いっすよね!?
たかが音にヒューマニズムを感じません!?

めちゃくちゃ、面倒臭く書きましたが、

実は一言で終わります。
ぶっちゃけ、トニックとか、ドミナントとか忘れてもらって結構です(笑

ドミナントセブンス(m7や△7はNG!普通のセブンスG7とかがOKなやつ)から、4度(こっちはマイナーだろうが、メジャーだろうがセブンスだろうがなんでもOK)への動きがドミナントモーションって事です。

セブンスからの4度進行。

一言で終わりました(汗

このドミナントモーションが大事なんです。

アドリブギターにも作曲にも、めちゃくちゃ大事だと思います!!

『ドミナントモーションしたいなぁ!!』とか意味不明な事を言っちゃダメですよw


これから、ジャズギターを始めようなんて方、王道ギター行っちゃいましょう!!
やっぱり、ES−175なんかがオススメです。
これなら、万が一ジャズギターを諦めてからのロックでも格好良いですね。
アーチトップの音、たまりませんよ〜。

>【中古】 Gibson 《ギブソン》 【USED】ES-175D Sunburst 1999年製【G-CLUB渋谷】【送料無料】【smtb-u】〔エレキギター〕【used_エレキギター】

価格:228,000円
(2017/3/10 08:25時点)
感想(0件)

今時はこれでも結構安いですね。175はリセールバリューも高い!?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA