FTR223 純正シートを社外タンクに合う様にカットしました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


前回の改造記はフレーム塗装まででした。

今回はタンク乗せ代えに伴う、シートの改造です。

FTRの純正シートって結構好きな形状なんです。
ケツが跳ね上がった形状のフレームに見事にマッチしてて、僕の目指すモノサスのカフェレーサー風にはもってこいの感じがします。

当初はSR400用のカフェシートやシートカウルを買って、それに合わせてフレームを切った貼ったしようと思っていたのですが、ノーマルの形状に戻したくならないとも限らないので、フレームには手を入れない事にしました。

息子もまだ後ろに乗りたがりますので、タンデム出来る事も今は大事です。

ネットの画像とにらめっこして、
『これだ!?』というタンクを探しました。

GB250のタンクだとか、ルネッサのタンクだとか、SRのタンクだとか、CB223のタンクだとか、色々考えました。

ネットで、色々な画像を見ましたが、このフレームには大きすぎるタンクは不釣り合いで、なんとも不細工に見えました。

なので、選んだのがコレ!!(仕上げ途中の画像です。)

新品ですが、ダメダメタンクです(笑)コックの付け根からガソリンは漏れるし、エンブレム取り付け前提で製造されているためなのか、その周辺がかなり凸凹ですし。

僕は綺麗なバイクに仕上げる予定では無いので、『だが、それがいい!!』という感じです。

うそ!!漏れるのは、超腹たつ!!
こいつに合わせる様にシートを大胆にカットします。

マッチングを確かめながら、カット。
そして、タンクのラインに合う様にアンコ抜いたり盛ったりしながら、少しづつ進めます。

良い感じに決まりましたが、残念な穴が有ります。

ギターアンプの表皮(トーレックス)である程度広範囲で覆っちゃいましょう!


HONDAの文字もなくなりスッキリ!!
タンクとのマッチングもバッチリです。

裏はタッカーだらけですが、シートなんてこんなもんですね(笑

次回はタンク塗装!!

見てね!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 近藤 より:

    このタンクは何のタンクですかー?
    教えてください。よろしくお願い致します。

    • YuaryGuitars より:

      スズキのGS125のタンクですよ〜。キャップもコックもセットでかなりお買い得価格で出回っておりますが、キャップ部分、コック取り付け部の精度は最悪です(笑)

  2. ゼロ より:

    タンク、カッコ良く収まってますね。
    タンク取り付けに際して後部の取り付けは工夫されてる様子が写真で見れましたが、前部も何かしら加工してるのでしょうか?
    最近FTRを買ったのですが、容量をもうちょっとどうにかならないかなーと思い、この記事を見つけ質問させて頂きました。

    • YuaryGuitars より:

      ありがとうございます。
      SRのタンクだと長すぎますし、FTRのバランスに合うタンクがなかなかなくて困りものですよね。
      前側の取り付けは、元の突起がフレームと干渉しますのでカットし、
      ステンレスバンドを強力エポキシ(アラルダイトがオススメです)で接着しそのバンドでフレームに縛り付けています。
      元の突起をうまく利用して、バンドを通す方が良いかも知れませんが、現状でも全然問題有りませんよ〜。

  3. みのぽんた より:

    こんにちは。

    ftr223 乗りです。
    自分もカフェレーサー 風に改造しようと思って他車種のタンクを購入しました。
    まだ届いてないので何とも分かりませんがシート側の取り付けがボルト2本留めのようなのです。

    ちなみにこちらのタンクはステイをかまして取り付けますか?

    • YuaryGuitars より:

      僕のも2本止めタンクですよ。
      スタイル的に、タンクが後ろ下がりは避けたかったので、ステーをかましてケツを上げてます。
      二本でがっちり固定されているので、街乗りならこれで十分なほどで、暫くこのままでしたよ〜。

  4. ゼロ より:

    後部のステーはこんな感じになってたんですね。
    ステーに使ってるクランク状のパーツは何かの流用ですか?

    うちにもタンクが届きましたので作業を始めたいところですが、燃料コックがむき出しでタンクと同梱されてたのでタンクに傷が付いてたりと流石は中華製だわーって感じです。

    • YuaryGuitars より:

      クランク状のパーツはFTRの純正マウントパーツですよ〜。
      それに、フラットバーをボルト締めして、両端にボルトを突き出してタンクの穴に止めています。
      僕の場合は、最初から塗装を剥がすつもりだったので傷は全然無関心でしたが、
      コックの取り付け面の平坦がダメすぎて、そこからガソリンが勢いよくこぼれました。
      中華クオリティですね〜

  5. ゼロ より:

    確かにクランクパーツ付いてました。
    それをひん曲げて角度を調整してるのですね~

    燃料コックはシールで漏れ対策しときました。
    しかしタンクキャップもショボイですなー
    ロック掛らないし、鍵使わなくてもグイッと捻れば外れちゃう中華クオリティ…ふぅ

    それでも約+3ℓは助かります。

    • YuaryGuitars より:

      そうなんです!!
      一番はキャップです!!
      鍵不要、斜めでこぼれる設計(இдஇ; )
      流石中華です!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA