FTR223 純正シートを社外タンクに合う様にカットしました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


前回の改造記はフレーム塗装まででした。

今回はタンク乗せ代えに伴う、シートの改造です。

FTRの純正シートって結構好きな形状なんです。
ケツが跳ね上がった形状のフレームに見事にマッチしてて、僕の目指すモノサスのカフェレーサー風にはもってこいの感じがします。

当初はSR400用のカフェシートやシートカウルを買って、それに合わせてフレームを切った貼ったしようと思っていたのですが、ノーマルの形状に戻したくならないとも限らないので、フレームには手を入れない事にしました。

息子もまだ後ろに乗りたがりますので、タンデム出来る事も今は大事です。

ネットの画像とにらめっこして、
『これだ!?』というタンクを探しました。

GB250のタンクだとか、ルネッサのタンクだとか、SRのタンクだとか、CB223のタンクだとか、色々考えました。

ネットで、色々な画像を見ましたが、このフレームには大きすぎるタンクは不釣り合いで、なんとも不細工に見えました。

なので、選んだのがコレ!!(仕上げ途中の画像です。)

新品ですが、ダメダメタンクです(笑)コックの付け根からガソリンは漏れるし、エンブレム取り付け前提で製造されているためなのか、その周辺がかなり凸凹ですし。

僕は綺麗なバイクに仕上げる予定では無いので、『だが、それがいい!!』という感じです。

うそ!!漏れるのは、超腹たつ!!
こいつに合わせる様にシートを大胆にカットします。

マッチングを確かめながら、カット。
そして、タンクのラインに合う様にアンコ抜いたり盛ったりしながら、少しづつ進めます。

良い感じに決まりましたが、残念な穴が有ります。

ギターアンプの表皮(トーレックス)である程度広範囲で覆っちゃいましょう!


HONDAの文字もなくなりスッキリ!!
タンクとのマッチングもバッチリです。

裏はタッカーだらけですが、シートなんてこんなもんですね(笑

次回はタンク塗装!!

見てね!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 近藤 より:

    このタンクは何のタンクですかー?
    教えてください。よろしくお願い致します。

    • YuaryGuitars より:

      スズキのGS125のタンクですよ〜。キャップもコックもセットでかなりお買い得価格で出回っておりますが、キャップ部分、コック取り付け部の精度は最悪です(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA