グレッチ、リッケン等 マスターボリューム付きギターの配線図

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


今日は気温が上がりました!!
朝の8時過ぎに青空を見たら疼いてしまって、バイクに跨りました。
ほんの30分ほどですが、気持ち良かった〜。
ただ、薄着だったので寒かった〜。


日曜日はいよいよスポーツスターとお別れの日。
乗る訳にはいきませんが、最後にVツインの鼓動を聞いておきました。


さて、グレッチの配線一式変更です。

ワンボリューム仕様に改造された状態から、ノーマル配線に戻すというものです。

回路的には、普段はあまり使わない回路で、ポットが一つ増えているという事も有り若干複雑です。スイッチの共通線が通常はジャックに直接入りますが、この間にマスターボリュームを噛ますという事になります。

回路的には同じでも、グレッチ純正の配線の取り回しとは違うと思いますので、これがオリジナルだぜ!とは言いません(笑)そして、出来るだけ簡単に見える様にアースはマークで統一してますので、うまい事繋いで下さい。

なんだ、こんなものかぁ・・・。

そう思うでしょ?
回路よりも、配線をどう取り回すか?が難しいんです。
線の本数だって、色々考えると非常に難しいんですよ。
スイッチからマスターV経由でジャック(正確にはマスターTの端子)に行くにしても、3芯シールドを引っ張ると面倒が起こります。
一本だけをマスターVに一度落として、という話にはならないのです。
という事は、2芯シールドと単芯シールドをスイッチから引っ張らなければならないんです。
そして、ピックアップキャビティを通す際に、ピックアップも外さなきゃならないし、となると、弦だって外さなきゃならないんです。
そして、改造されたギターに多いのは、ピックアップの配線をカットして、短くなってるんです。

僕、仕事なので、面倒という事は有りません。
そして、こういう地道な仕事も大好きなので、どんどん持って来て下さい。

ただ、趣味でハンダを使う人は『ハンダの匂いがたまらない。』なんて言いますが、僕はあまりにも頻繁すぎて、あの匂い、煙が体に有害なんじゃ?と思い、非常に嫌いです(笑
実際に息が苦しくなる感じも有りますしね〜。息止め必死ですよ(笑

配線を終えて、無事にアンプからグレートなサウンドがアウトしてきたタイムには、ハイになってトリップです(笑

デュオジェット、格好良いですね〜。

エレクトロマチックなら安いし格好良いですね。
子供の頃、赤いロックジェットに憧れたんですよね〜。懐かしい。

Gretsch Electromatic G5435T Jet Pro with Bigsby (Black)【ストラップロック対象】

価格:84,672円
(2017/4/14 16:08時点)
感想(0件)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA