Ovation レジェンド、カスタムレジェンド等のトップの変形 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


おはようございます。
昨日はあいにくの雨で人生2回目のテニスが中止となりました。
残念極まりません。
日ハム戦も無いですし、テニスでも放送されていないかな?と番組表を検索しましたが、CSでした。加入したいなぁ。
錦織圭も途中で棄権したので、まっいっか。
怪我が完治するのを願って、ウインブルドンでの活躍を期待しています。

今日の日ハム戦は大谷出ますかね?
久々の野球楽しみです!!

まったく話はそれますが、僕の耳の後ろにホクロが有るっぽいんです。
気がついたのは去年の秋くらい。
なんか微妙な出っ張りが有るかな?と風呂に入った時なんかに思っていたんですが、家族に『父ちゃん、そんなとこにホクロあったんだっけ?』って言われて、ホクロが出来たんだと思っていました。
かれこれ半年以上が経過しました。
ちっちゃな出っ張りですが、たまに触れると気になるので、強く掻きむしったところ取れました。なんかスッキリ!!

けど、なんだこれ?


いただきものの顕微鏡を引っ張り出して見てみました。

短い足が有る・・・。

これ、ダニ!!!!!!!!

うおーーーーーーーー!!!!!!!!!!

もちろんとっくに死んでましたが、僕はダニを飼っていました。

僕、釣りも好きですし、山菜採りにも出かけます。
かつてはキャンプも大好きでしたし、山に行く事がかなり多かったんですが、
ダニに食われた事が無いのが自慢でした。

ここから非常に重要な事を書きます。

絶対に守って下さい!!

決して、マダニ等のキーワードで画像検索をしないで下さい。

もう、ぶっ倒れる人が出てもおかしくない画像が出てきます。
僕も今見て後悔しています。

とりあえず、耳の後ろのホクロ疑惑も解消され、なんだか超スッキリ!!


さて、ギターの修理です。
今回はOVATIONです。

かなり厄介で、『これは厳しいですね。』という状態です。
たまにそんな事書いてますが、今回はもうかなりです。

けど、いろいろ策は考えてます。
そして、そんなOVATIONを数本見てきていて、今までの方は説明をさせていただいた結果、『やっぱり修理はやめます』とご判断されました。

その状態をまずはご説明させていただきます。

OVATIONの古いモデルでは結構な割合でみられるトップの歪みです。
ブリッジが引っ張られてトップととも少々弦高が上がってしまっているギター、ブリッジのヘッド側がトップとともに陥没してしまって弦高が下がっているギター、どちらのケースも有ります。

今回は後者で、お預かりした時にはすでにブリッジ下に弦高を稼ぐためのシムが5mm入っていました。それでも弦が指板にくっついて音が全く出ません。

ためしにシムを更に追加して音が出るかを確認してみました。

もうブリッジからサドルがはみ出して弦の張力で外れそう。
この位置でも『どうにか音が出る』という程度です。
まして、このまま使うと更に無理がかかってトップがどんどん陥没しそうです。

トップの変形具合はこんな感じです。弦を張らない状態で5mm以上陥没しています。
弦を張ると更に酷く、8mm越えに。

トップを張り替えないで修理となると結構厳しいですが、じんわりと矯正してみます。
かれこれ2週間は矯正を続けています。
一気に力を加えると割れの危険も有るので、じんわり少しづつクランプ力を強めていきます。
ただ単にクランプするだけではダメ。
アレコレ試行錯誤です。

かなりフラットになりましたが、ここまま弦を張るとこの状態を長くは持続出来ないでしょう。もともと曲がりやすい上に、長い年月の癖もあるでしょうからね。

そんな訳で音が変わる説明等もさせていただき、お客様合意の元、補強工事を視野に考えていきます。

けど、もう少し矯正してからになりそうです。

いま暫くお待ち下さいませm(_ _)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA