ビンテージ Epiphone Texan ブリッジ交換 Part2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


まずは、こちらをご覧下さい(笑)
何度か書かせてもらっております、文化祭へ向けての中学生バンドの練習過程です。


この後も頑張って練習を重ね、動画よりもみんな進歩し万全(?)な状態でオーディションに挑みました。

そして、無事文化祭の出場権を獲得出来ました!!

応援してくれた皆様ありがとうございました!!

出場できる子、今回は逃した子、そこには数々のドラマが有ると思います。
これを機にみんな更に音楽と触れ合って欲しいなと思います。

若者が少ないと言われるアマチュア音楽シーンや各地方のライブを盛り上げて欲しいと切に願います。

音楽を続けていく事でマイナスになる事は無いと思いますので、みんな続けて頑張って欲しい。僕もギターを弾く事で気分転換が出来る事も多いですし、大げさではなく拠り所になっている面も有ります。

もちろん、普段はなんにも考えずに何気に弾いているのですが、上手い下手は別、他人が認めてくれるくれないも別問題、ギターをとったら自分に残るものは少ないと思うんです。(何も残らないとは言いません(笑))
それを自信というとちょっと違いますが、俺はギター弾きだ!という心、ライフスタイルとして生きて来ているんだと思います。(全然弾かない期間なんかも有りますが、それはそれで他にのめり込む何かがある時なので良いんです(笑))

ギター命では無いですが、ギターの無い人生は考えられないです。
けど、あんまる深く考えるとダメですね(笑)
そんな事考えてると、
まともにあと何年弾けるのだろうか?
死ぬまでに自分のプレーに満足出来る日が来るのだろうか?
僕はどうして弾き続けているのだろうか?
車だってバイクだって登山だって釣りだって趣味ならなんでもそうかも知れませんが、深いところを考えても答えは出そうに無いので、人生を潤す事と楽観的にとらえる事にしています。

歌うのも良し、楽器を弾くのも良し、音楽は良いものですよ。


さて、テキサンのブリッジのお話の続きです。

ビンテージ Epiphone Texan アジャスタブリッジを改造のはずが、、、
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!! 週始めです。 今週も元気に頑張りましょう! 本日のリペアのご...

無事に剥がれました。
アジャスタブルのナットはこの後外しました。

なかなか慣れないと上手くは行きませんので、愛機を自分の手で剥がす前にジャンクギターの購入をお勧めします。そして出来ればジャンクギターも復活させて下さいね(笑)
練習にもなりますし、ジャンクギターも蘇りますし、一石二鳥です!

そして、ローズのブロックを切り出します。
倍以上の厚みで作りたいところですが、あまりにもゴツくなってしまうので、サドルの飛び出し具合との兼ね合いが大切ですね。形を整えてながら考えます。

トップの変形もまた悩みどころ。


フラットな状態だと若干のオーバーサイズで綺麗になんて事も、僕はやらないですけど考えられますが、ちょっとでも大きくするとブリッジが浮いた様な状態になります。
小さすぎると現状でも塗装されていない面が微妙に出ているので、それが更に強調されます。

そして、平なブリッジを無理に貼り付けると、トップの割れにも繋がりますし、、、

まぁ、うまい事考えます。

こちらとしては蘇っていくのは楽しくうれしいのですが、お客さんは心配でしょうし、要らない経費ですよね。カスタムはポジティブに考えてくれる方が多いのですが、リペアとなるとそうもいかないのがどんな分野でも世の常です。

今回は割とカスタムに近いので、楽しみにしてくれていると思い込んでいます(笑)

頑張ります!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA