Gibson L−5 ピックガード製作・交換と、ピックアップ位置修正

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


ここ2、3週間でライブを3本ほどやらせて頂きました。

嫁と一緒に二人とも大好きなスタンダードをやろうって事で、20年ぶりくらいに復活したのですが、いろいろな面で気持ちは楽です(笑)

若い頃は夫婦でやるのは格好悪い?と思ったりしましたが、もうそんな事も考える事もなくなりました。年のせいでしょうかね(笑)
で、三回のライブでは二人とも白シャツで出演させて頂きましたが、『おそろいですか?なんだか洗濯洗剤の仲良しの年寄り夫婦みたいですね!』なんて言葉も有りましたが、これは『制服』にしようという事になってます。

『何着よう?』って考えなくても済みますので、僕は普段から割と白シャツが多いかな?
別にペアルックが好きな訳ではございません(笑)

スタンダードを演奏するって事も有り、きっちりし過ぎる必要はありませんが、敬意を表し、砕けすぎない様にしないとなりませぬ。演奏には課題が多いですが、格好くらいはちゃんとね!って事です。

80年代のフュージョンが好きな人・演奏する人はテロテロ素材の超派手柄でバブリーで、マイケルダグラスが似合いそうな、微妙(?)絶妙(?)
なセンスと言われそうなシャツはマストアイテムですね。ツータックパンツもマストです!!時にはスリータックもありですね。

ベストセラー 送料無料 BAGGY 【バギー】 長袖 カラー オックスフォードシャツ ボタンダウンシャツ 長袖シャツ大きいサイズ メンズ(男性用)【smtb-m】

価格:10,260円
(2017/11/13 09:17時点)
感想(285件)


オックスフォードの白シャツは本当に万能。

数年前にどさんこワイドに特集(と言っても15分程度でしょうか?)を組んでもらったのですが、その際も白シャツ。日を跨いでも、あたかも同じ日の様に同じ服で撮り続けるのがテレビの様ですが、白シャツだと別のを着ても全く問題無いのも良かったです。
ちなみに、3日にものぼる撮影だったのですが、放送時間は短かったですね(笑)冬の寒い河川敷で歩行しながらインタビュー(雑談)という過酷なシーンの撮影や、家のご飯を撮りたいとの事で嫁が気合入れて料理をして用意した団欒の食卓タイムの撮影も有りました。

どっちもカット!(笑

良い思い出です。ありがとうございました。

あの時『お子さん達にギターを教えている風景や、一緒に弾いている風景も撮りたい』とのご要望が有り、それで子供達は楽器を(強制的に)はじめました。今では趣味となりましたので、そこは一番の収穫かと思います。

音楽を演る事は絶対にマイナスにはなりません。
(勉強はしなくなるから、マイナスか?(笑))


さて、本題のギターです。

L−5のピックガード製作のご依頼です。
『市販品もあるので、あれも結構高いですが、作るよりも安いですよ〜』と話をさせて頂きましたが、ちょっと大きい感じにしたいとの事で、お作りさせていただく事に。

なんかちょっと分かります。僕のL−5サイズのアーチトップギターも実はちょっと大きめのピックガードをつけているんです。

年代によるものなのか、リプレースのパーツによるものなのかは分かりませんが、画像をいろいろ見ているとマチマチなんですよね。
で、小さなピックガードのL−5はやっぱり僕も好きでは無い様な印象です。

木材ピックガードの小さいのとか、フラットトップの小さなピックガード(OM系)は好きですが、L−5とか335とかは大きな方が格好良い気がします。まぁ、ただの好みの問題以外の何物でもありませんけど、そこは重要です。

けど、売っているのも決して小さいものではなく、標準的で格好も良いですよ。
L−5CES ピックガード 9800円

では早速製作です。
練り物板から切り出しです。(材料も高いので、買った方が本当に安いです)

5枚のバインディングを1枚ずつ巻きます。これが高額になる一番の要因です。

無事すべて巻き終え、表面全体を400番程度のやすりでゴシゴシ。
実はこれには重要な意味が有ります。

そこから、ペーパーの番手を上げる事なく磨きます。
バンディングもオリジナルより細め繊細仕様ですが、良い感じかと思います。

程よい自然なツヤで、わざとらしさが出ません。
アコギのピックガード交換時もご要望がある時はやってます。
これをするしないで、装着の違和感がえらく変わりますよ〜。

そして、ちょいと面倒なマッチングです。
ピックアップの部分をカットしたり、調整ビスの穴を開けたり、取り付けビスの穴を開けたり。

そして、最も重要なのがブラケット取り付けです。
ピックガードブラケット1420円

角度と高さが重要になってきます。付属の透明アクリルの上に角度を合わせたエボニーブロックを接着し、ピックガードに貼り付けます。

良い感じです!!
ピックガードの補強板は透けて見えて格好悪いとの事で、取り付けていませんが、ブラケットの調整の甲斐も有りぐらつきなく良い感じです。これには台となるエスカッションも一役買ってくれていますね。

長くなって疲れましたので、ピックアップの位置調整は次回にします。

その際にL−5についてもちょっとだけ書かせて頂きます。

ありがとうございました!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA