セミアコ・フルアコの弦とテイルピース〜ブリッジ間の共振対策と息子の三線修理

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


今朝も息子と走ってきました。
昨年は靭帯損傷という恥ずかしい怪我のため、ほとんど走っていなかったのでリハビリに近い感じです。
今だから書けますが、
昨年の怪我の時、札幌に嫁が入院していました。
運転動作にはギリギリ支障がなかった為、退院時は僕が迎えに行ったんですが、、、
病院ロビーで足を引きずっている僕を見て嫁がびっくりしてました。
どっちが病人?(怪我人)的な。あはは・・・ごめんって感じ。
こんな僕でも相当な自己嫌悪に陥っていた事を思い出しました。

その前の年は腰の骨は折るし、自業自得の怪我が絶えません。
そろそろ歳を考えて行動しようかと思います。
脳みそでは出来ている動作・運動も、実際には体がついていかないというか。
上半身と下半身が思った様にバランスしてなかったりと有ります。
1〜2cmの段差につまずいたりなんて事も子供の頃はなかったですよね。
ビアードにもノーズヘアにも白いものが目立ってきましたし。
老いを感じます。

が、まだまだ!!


テイルピース〜ブリッジ間の共振対策

アーチトップ系のギターって、テールピース〜ブリッジまで一般的に10cm前後の距離が有りますよね。
あそこの共振・共鳴が気になるギターも結構ありますよね?
あの共振が好きな時もあれば、耳障りな時も有ります。
弦の種類によっても違った音になったりもします。
バイオリンなんかはあそこのミュートも販売されていますが、ギターでは見た事がない様な?

出来るだけ目立たない様に対策したい。

ここで活躍してくれるのが、100円ショップ、通称100均!に売っている『ザ・シリコンゴム』です。

こんな感じで弦交換の時にでも絡めておけばOKです。
目立たないですし、嫌な音は無くなりますので、気になる方はお試し下さい。

まぁ、大した事のないお話でした。


セミアコ、フルアコ弦

普段は、手触りや音が好きでフラットワウンドを使ってますが、
弾きやすさ、コスパ重視で弦を変更してみました。

高寿命という点を考えるとエリクサー一択になりますかね。
あいつの寿命は本当に長い。
よく3倍とか言われてますが、僕の個人的な感覚だと10倍以上です。
フラットトップ弦はもう2年くらい取り替えてません。あんまり弾いてもいないですが。
手に汗を掻く方だと、ノンコーティング弦だとほんの数時間で劣化してるのが分かります。

エリクサーを試してみました。

今はこれを張っています。
11−49という太さもちょうどよく感じます。
セミアコ系でジャジーに弾く方には特に良いのではないでしょうか?
エリクサー JAZZ 最安1080円
新品時のブライトすぎる感じがないのはウォームな音を求めている方には最適かと思います。
フラットワウンドからの交換でも違和感が少ないのも良いですね。

コーティング弦が嫌いな方は、ダダリオの同じ太さのものもオススメです。
3パックセット!!ダダリオ JAZZ 最安1380円

3セットパック?3パックセット?まぁいいや。
↑うちで売ってる訳ではないですが、青文字リンクが最安値かと思います。

気になる方はお試し下さい。


三線修理

息子が部屋掃除を嫌々やった時に押入れにぶち込んで、ペグ?糸回し?が折れました。
ちなみに、僕の改造オベーションも押入れでガラクタの下敷きに。今もなお。

僕が弾く訳ではないので催促されていても放置してたんですが、昨日『もういい加減に治してよ!!』『誰が壊したんだ!!』という争いに発展。

アイスに釣られて直しました。

ちゃちゃっとメイプルのドラムスティックを削ってそれでOK。
今まで感じてませんでしたが、メイプルは捻れにはあんまり強くなさそうな印象です。
粘りは有るのでそう簡単には折れないと思いますが、元のローズ系の木材に比べるとチューニング時に捻れる感じが有ります。

目打ちを挿しているみたいで不恰好にも見えますが、だがそれがいい。

ありがとうございました。御機嫌よう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA