ES−335タイプギター フレットすり合わせ他調整

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


突然ですが、人生4台目となる僕の新型ジムニーが納車されました!!
興味のある方は是非ご覧下さい。

2018年 ジムニー納車!!
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!! ジムニー探し ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

フレットすり合わせ

10フレットだけ音が詰まるとの事ですり合わせ他、調整のご依頼がございました。
完全な一箇所のフレット浮きならすり合わせの必要も無いでしょうが、なかなか上手くは行きません。全体的に多少なりとも減りが見られますので、すり合わせをさせていただきます。

こちら、所有者様が心配されていたサークルフレッティングですが特に問題はございません。

削ってみると分かりますが、結構高さのバラツキが有るものですね。

山出しをして、磨いていきます。

毎度の事ながら、手が真っ黒になるのは良いのですが、フレット粉と前歯の差し歯が反応してピリピリするのが気になります。


ナット調整・ブリッジ調整

ナットを調整して、オクターブ調整します。

ナットは溝をほんの少し深くする程度と、泣き・引っかかりを抑える様にします。

さあ、弦を張ってオクターブ調整しましょう。

駒の向きを変えたりしながらどうにかこの状態で落ち着きました。

今(009−046)よりも太い弦を張りたいという事が有れば、調整幅の広いブリッジに交換するか、スタッドの位置を変えなければならない程の位置にブリッジが付いてます。

ネックの状態を見て、良い頃合いまで様子を見させていただきたく思います。

この度は誠に有難うございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA