アーチトップギターの変形・剥がれ修理 〜ライニング・カーフィングの修正他〜

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


カーフィングの貼り付け

ずいぶん更新をしていませんでした。
前回の続きを書かせていただきます。

どういう訳か、あちこちカーフィングが剥がれていて中にも残っていない状態でした。
結果、全体的に剛性が落ちてしまい、変形したのでしょうか?
変形により剝がれ落ちたのでしょうか?

カーフィングの無い部分をプラスしていきます。
しっかり接着剤を除去してからではないと、また剥がれる可能性が有りますので、そこは十分に注意が必要です。

全体に貼りました。幅の違いが気になるのでこの後揃えていきます。


バック板の平面だし

グルーを除去するのは勿論ですが、平面を出していきます。
曲がった状態だと、また剥がれに繋がる可能性も有りますね。

グルーを除去した後に分厚い平面の出た板にクランプで固定し、矯正しました。
クランプを外した後は勿論平面が出ていますが、元に戻る可能性がないかある程度の期間をおいて状態を見ていきます。


バインディング巻

オリジナルバインディンを極力再利用したいので、壊さない様に剥がしておりました。
浮きも多かったので、それほど剥がしに手間はかかりませんでしたが、グルーの除去はやっぱい手間がかかります。

サイドとバックを合体接着する際の段差をつけないために、先にバインディングを巻くのが得策と今回は思います。

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

【中古】Gibson / L-5 Signature【S/N 23251007】【渋谷店】

価格:729,000円
(2018/8/21 08:04時点)
感想(0件)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA