ポールマッカートニーのヤイリ! YD88 ピックアップ故障他

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


ヤイリ YD-88 BK

ポールが仕様で有名らしいYD−88というギターはご存知でしょうか?
日本公演時にプレゼントされ気に入ってその後も使用したのだとか。
いやいや、日本公演時にハウリング対策に用意してもらっただとか。
真相は分かりませんが使っていた事は確かです。
井上陽水さんも使用していた時期があるのだとか。

当時のもの(だと思います)が、中古で比較的買いやすい値段で出ています。
探していた方は即買いしましょう。

【中古】K.Yairi YD-88BK 1994年製[Kヤイリ][国産/日本製][アルバレスロゴ][ブラック][Electric Acoustic Guitar,エレクトリックアコースティックギター,エレアコ]【used_アコースティックギター】

価格:127,440円
(2018/9/10 10:32時点)
感想(0件)

新品もある様です。ポール人気、流石です。

《正規品・新品》《ハードケース付属》 K.Yairi (ヤイリ) Electric Series YD-88 BK エレアコ

価格:192,780円
(2018/9/10 10:24時点)
感想(0件)


ノイズ

今回、ブーンノイズが大きいとの事でお持ちいただきました。
確認したところ確かに非常に大きく耳障りです。

シールド不良、プリアンプも疑われがちですが、一番多いのがピエゾの不良です。

ピエゾのホットとコールドはぺらぺらの薄いフィルムで絶縁されているものがほとんどですが、それが長年の振動なんかでブリッジ挿入部分や曲げられた部分で絶縁不良やシールド不良を起こします。
過去に何度もどうにかならないものか?と修理を試みましたが、微妙な段差等がどうしてもでてしまいピックアップ出力に悪影響を及ぼします。
繊細な構造のピエゾは修理不可、交換が必要と感じております。
もし、気合い入れて修理となると出来ない事もない様にも思いますが、ご購入いただいた方がお安く収まるのが現実となります。

そしてYD−88ですが、今回のブーンノイズもやはりピエゾが原因。
お客様と一緒に別のピエゾを試すとブーンノイズは消えます。

交換になりますが、、、

これ特殊なんですよね、、、

独立サドルです。


ピエゾ交換

相談の結果、サドルも作り直し、一般的なアコースティックの形状で進める事に。

開けてみると、なんとかいけそう。
そんな気がしてきました。

この独立サドルも当工房で以前にお作りさせていただいたものなのですが、あの時の事を思い出すと、なんだかこの形状を捨てられない気持ちになりました。

YD−88の特徴の一つでも有りますし。

結構分厚いピエゾが入っています。この状態でラインに繋ぐとマズイ!!という位のノイズでした。

まずは高さ合わせをします。
と、同時にピエゾの横ズレ防止形状にもしたりします。

微調整を繰り返し、元の弦高を保ちます。
それと大事なのが、フェンスの高さをピックアップよりも低くするという点です。
フェンスが高いとサドルがしっかりとピエゾに乗らず出力低下の原因となります。

いい感じ。

さて、鳴らそう!

と言いたいところですが、ジャック付近の割れ補修をしたりと有りますので、本日は無理そうです。

ご閲覧ありがとうございました!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA