Tak的 ミュージックマン EVH・AXIS 『リフィニッシュ進行状況とGO NO FURTHER』

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


クリア塗装1層目

前々回お伝えさせていただいあ『色の難しさ』の続きとなります。

色の難しさ・・・
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!! 色って難しい だいたいこんな色で。 そんなアバウトな...

やっぱりピンクって本当に難しい。
他もそうかもしれませんが、ピンクって幅が広いですよね。
春畑さんの赤いストラトもトランスピンクが正式名称の様です。
その他、以前お預かりしたシェクターのピンクギターも、これピンク?赤?という感じだったりも。(現在は鮮やかなピンクのモデルも発売されている様です。)

【中古】 SCHECTER / SD-II-24AL See Thru Pink/Maple 【立川店】

価格:73,440円
(2018/10/11 18:01時点)
感想(0件)

【中古】Schecter / SD-DX-24AS See-Thru Pink Maple シェクター【保証1年】【U-BOX_MEGA_STORE】

価格:135,000円
(2018/10/11 18:01時点)
感想(0件)

この2本を見たら全然違う色ですよね。
ミュージックマンのピンクも色々なのですが、シェクターとは印象が大分異なります。
それぞれカッコイーのは間違いないです。
ちなみに、ミュージックマンのピンクは今ネットでチラッっと確認しましたが市場には出ていない様です。Takさん効果で人気の即買いアイテムなのでしょう。
デジマートにも有りません。
ちなみに売却済みですが、こちらも赤に見えますがピンクの様です。

先日書かせていただいた通り、木材の色でも変わってきますので個性なのですよ。
こちらの画像は、全く同じ色を同じ様に塗ったものですが、随分と印象は違いますよね。

では、今回のリフィニッシュ途中のギターを見てみましょう。
かなり試行錯誤しましたが、下地の関係で、ちょいと紫がかっているかな?
ただ、Tak氏がギターを抱えたインスタと見比べてみると、良いのでは?という印象を受けましたので、このまま進めたいと思います。
とは言え、カクカクシカジカで、メイプル面をこれ以上削る事が出来ませんので、染み込んだ塗料は除去不可なのですが。

こちら、パソコンの画面上で二つを並べてスクショしたものです。
単体でみると紫っぽいかな?と不安でしたが、こう見るとまずまずではないでしょうか?

上画像はクリアを1度吹いた直後ですが、ここからは色が変わる事はございません。


ヘッド塗装

ヘッドはカクカクシカジカな理由がないので、大きな心配はございません。
たくさん(限度はございます)削って染み込んだ塗料を削る事も可能かと思います。
ですが、ボディとあまりにもかけ離れては困りますので、さじ加減が重要です。

ロゴは塗装剥離時に当然なくなっていますので、塗装後に気合い入れて書きました。
嘘の様な本当の様な。

ついでに塗装完了後に貼り付ける予定の切り文字(文字ではないですが)ステッカーも作りました。
ファンにはおなじみのGO NO FURTHERのドクロ。
ご本人のはどういった方式かは分かりませんが、プリントのシールでは雰囲気が出ませんよね。
切り文字となると画像の通り爪よりちょっと大きい位の、かなり小さいサイズですので、この位が限界です。
けど、これがなんの、なかなか大変!!!!!なのです。

もう少しの様ですが、まだ結構かかりそうです。
完成まで今しばらくお待ち下さいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA