Tak レスポールDC ブロックバースト的チェリーサンバーストにリフィニッシュ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


レスポールDC

TakモデルのレスポールDCをリフィニッシュしております。
これまた人気のモデルで、入手が困難な様です。

黄色のレスポールも最近再生産されておりますが、これまた人気の様です。
さすがTakさん、B’z人気はいつの時代も変わらないのがすごい!!

品薄の黄色のレスポールの中古が出ています!!
探していた方は即購入しましょう!!

Gibson USA TAK Matsumoto Les Paul Canary Yellow

価格:386,640円
(2018/10/19 10:12時点)
感想(0件)


では、リフィニッシュ!!

まずは、塗装を剥がしますが、虎杢は元の色が残る事がほぼ確定です。
オペイクでの塗り直しですと、元の色は気になりませんが、折角の虎杢が勿体ないですよね。

サンバースト系ですと残ってしまった下の色はそれほど気になりません。
逆にそれがプラスに働いて、かなりの個性を出してくれたりもします。

今回は大変嬉しい事に、僕の作ったレスポールタイプの色を気に入って下さり、その色にリフィニッシュです。

チェリーサンバーストともちょっと違う色で、ブロックバーストと言われている色を少々意識したものとなっております。ブロックバーストとチェリーサンバーストの中間の様な色合いとでも言いましょうか。

ブロックバーストで検索してもらうとお分かりになりますが、随分と幅が広い。
本来はたった一本のビンテージのバーストに名付けられたカラーですが、あまりに素敵ですので呼び名、色味共に普及したのでしょう。

僕も写真集を見ながら似せようと塗っていたのですが、中心の黄色をあまりにもアンバー化してしまうとちょっと汚く見えたりボケて見えたりする様な気がします。
好みの問題かも知れませんが、誰もが思い浮かぶチェリーサンバーストの黄色の明るさは残しておいた方がコントラストがはっきりし迫力が出る感じがします。

こちら室内、蛍光灯での写真です。
サンバーストの範囲はかなり悩みましたが、残った元の色との兼ね合いでこの位がベストでした。

かなり極端ですが、直射日光を受けた状態の写真です。こんな状況で見る事は少ないかも知れませんが、かなり鮮やかですね。色のイメージって撮影環境により随分と変わるものですので、通販購入時はやはり注意が必要です。

ちょっと見ない感じのTak DCになりそうです。
黒のバインディングとサンバーストの相性って良いなと思って見ておりました。

塗装最中ですが、仕上がりが楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA