ビンテージES−175 ネックリセット他リペア完了!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


フレット交換

ネックリセットを終え、フレットの交換に移ります。
慎重に抜いた後は、多少の指板修正を施しフレット打ち。

バインディング有りのギターは溝の切り直しが困難ですので(可能ですが高額)、溝にあったフレットを打ちます。
こちらのギターはジャズ専用との事ですので、グリッサンドで引っかかりの少なく、かつ今後のすり減り時のすり合わせにも対応出来る様な形状の物を使用させていただきました。

僕の初代アーチトップはフレットが高く、速めのフレーズでのグリッサンドでイラッとくる事が多いので、その教訓を生かせたらと思います。
フレットレスワンダーという多くの皆様が好まない(らしい)フレットもジャズ演奏にはかなりマッチします。
あまりにも幅広で低いものですと、今後の事が心配ですので、そこも度外視出来ません。

今回使用のフレットは、イメージ的には近年のGibsonのフレットの形状に近いものです。


電気系総交換

不具合が出ている70年代のケース入りのポット、ジャックをバラすのも料金がかさみますし、何よりも勿体無い気がします。
アセンブリで保存が良いかと思われますので、総交換します。

ホローボディーのギターは本当にリペア泣かせですね。

ある程度、作ってから組み込みますが、小人の助っ人が欲しいシーンの代表格です。
激しい動きや万が一のパーツの緩みでもショートしない様に危険に感じる箇所は収縮チューブで絶縁したり、Fホールから配線が見えない様に!とか、装着が難しいだけでなく気を使う点も多いですね。

ピックアップが一つ死んでました。
お任せいただいたので、ダンカンのSH-1を選ばせていただきました。
こちら、試した事のない方には是非とも試して欲しいピックアップです。
高額なPAFレプリカと比べても遜色ないピックアップだと個人的には思います。
PAFの音かどうかは同じギターに組み替えて比べた事もないので分かりませんが、僕は好きなピックアップの一つです。
SEYMOUR DUNCAN (セイモアダンカン)
SH-1n 59 Neck Nickel
ギター用PU/ハムバッカー¥10,800(税抜)(¥11,664 税込)

音にも多少なりとも影響はしますが、見ていて嫌なのがピックアップの傾きですね。
こちらは、エスカッションを作り直して弦と平行に設置させていただきました。(↑画像参照)


完成!!

長い期間かかってしまい申し訳ございません。
なんだか、こういうギターは特に愛着が湧いちゃいます。

当然そうじゃないと困りますが、プレイヤー目線ではかなり良い状態で、弾いていて気持ち良いギターになりました。
大きなセンターずれも改善されましたし、アンプからしっかり音も出ますし。

柔らかい175サウンドが本当に気持ち良いです!!

ありがとうございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA