hide ピンクモッキンバード 穴位置が微妙に違うんですね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


hideモッキンバード改造ベースに!

hideのモッキンバードはその時その時でスペックが違うそうです。
搭載のパーツであったり、ペイントであったり、、、

市販された限定モデルを眺めているのも至福の一時でしょう。
が、ギタリストの皆さんは『あれは勿体なくて使えない』と思っている方も多い様です。

また、有名なペイントモデル以外にも、数々のペイントモデルも存在する様ですので、ペイント、カスタムをしたら楽しいですよ。

この辺りの中古が日頃からチェックしていると格安で出てきますので、カスタムを楽しみましょう!程度が良く、価格も控えめなものも出てきますね。

【中古】FERNANDES MG-100X BLKエレキギター/モッキンバード【鹿児島店】

価格:46,800円
(2018/11/26 09:22時点)
感想(0件)


ピンクの穴

ピンクの穴というとなんだかアレですが、ギターの話です。
改造中のこちらですが、スイッチの位置を変更するために一箇所穴を埋めたのですが、ミニスイッチの位置も微妙に違う!

さて、平らにしてネックのジョイント付近に手をつけようかな。そう思って手に取った時に気がつきました。

一箇所追加で埋めます。

埋木の上の樹脂は、後に塗装の引けで凸凹しない為の対策です。

この凸凹を削る時は本当に注意が必要。
塗装を剥がしすぎるとタッチアップが大変になります。
ここまでは機械で削りましたが、ここから先は手作業です。
タッチアップといっても下地に白も吹かなければならないし、この辺一帯の部分塗装という感じになります。


ネックジョイント

ヒールレスジョイントに改造しますが、どうなるでしょう?
とりあえず塗装は剥がしました。
ポケットもちょっと加工しなければならないですが、スルーネック的な改造をするよりも工程は減らせられる予定です。

ベッドに入ってから、このジョイント方法を考えたり、調子が良くなかったジムニーの事なんかを考えているのが楽しい今日この頃です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA