Martin D-35 SQロッド ネック反りリペア 『指板調整、フレット打ち準備』

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


指板調整

前回の記事はこちら。

Martin D-35 SQロッド ネック反りリペア『アイロン完了』
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!! アイロン完了! D-35のネックアイロンが完了となりま...

指板痩せかな?で、指板のアールが不揃いです。
アールのスケールを当ててみても、もちろん不揃いなのですが、それが原因でフレット端が浮いている箇所が多い状況です。
古いフレットを抜き取り、極力厚みを変えない様に調整します。

綺麗に抜けました。
ちょっと、ここで一つ。
レモンオイル等をあまりにも頻繁に塗られている方もおられますが、極端ではございますがオイル漬け状態になってます。
その状態だと、非常に指板が脆く感じます。フレットを抜く時にめちゃくたちゃ気をつけてもチッピングを避けられない事が多々ございます。
乾燥しすぎも勿論ダメですが、塗りすぎもよくないと思います。
時には、『これ、染み込みすぎて指板接着面剥がれるんじゃ?』と思う事も。
まぁ、そこまでは行かないでしょうけど、ほどほどにしておきましょう。

アール出しをします。

上画像のフレット溝に入り込む切削分は本当に取りにくい。
掃除機で吸ったくらいでは全然取れません。
地道に掃除、掃除。

ストレートなネックもしっかり維持できてます。

フレットのチョイスは溝との絡みがございますので、なんでもって訳には行きませんが、『高め』ご希望ですので、格好悪くならない感じでチョイスさせていただきます。

ご閲覧ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA