Martin D-35 SQロッド ネック反りリペア 『ピックガード下塗装』

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


ピックガード下

ビンテージマーティンの多くは、ピックガードの下に塗装が有りません。
樹脂素材のピックガードが縮んで剥がれてきたり、時にはトップスプルースにも悪さをしたり。

お預かりしてる35は、トップ材が大きく割れる等はございませんが、多少なりともダメージがございます。

何よりも、ピックガードを新調して貼り直した時に、毛羽立ったスプルースの影響で上手い事張り付かない事も多いですよね。

しかも、しっかり張っちゃって良いものかどうかもお悩みになられる方も多い様です。

今回は、お客様のご要望により、その部分の塗装を施す事になりました。
ピックガードレスで使いたいという事ではなく、今後ピックガードを貼り付けるための下地にというお話です。塗装をする事で、剥がれにくくなるのは確実ですので良い案かと思います。

作業開始!
かなりの傷や、くすみ、汚れ、多少の割れ等が確認出来ます。
この状態で長い年月を過ごした結果なのかは分かりませんが、この部分だけフラットな状態では無い様です。これを真っ平らにするとなると、めちゃくちゃクリア層が分厚くおかしな事になりますので、ピックガードが良い状態で貼れる様に進めていきます。

まずはマスキングして軽くサンディング。

塗膜は周囲と同じくらいの厚みにしますが、焼けが有るので見た目的にはそのままという訳にはいきません。ご理解いただけたらと思います。

ピックガード無しにしたいなんてご相談も頻繁にございますが、焼けてしまい色が違いますので、お勧め出来ません。

完成からどんな短期間のギターでもほとんどの場合は色が違ってますので、ピックガード付きのギターのピックガード剥がしは、ご吟味の上施しましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA