アクティブベースサーキットの改造等

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


アクティブサーキット

ベースのアクティブはギターに比べると物凄く普及している様に思います。
ギターではせいぜいEMG系の物くらいが一般的ですが、ベースは本当に多種多様ですね。

そして、それらの改造や換装はとても需要が多く感じます。
そしてそして、それらにその都度頭を悩ますのです。

ただ、電気系はなんていうか感覚的な部分が少なく、音が出るか出ないかというところが重要で、答えが有る点は良いですね。
プレイのあたるセッティングは数値では表せないというか、めちゃくちゃ感覚的な部分が有るので非常に悩ましい。その日の体調でも弾いた時の感覚が違ってきたりしますし、環境でも実際に変わってきたりしますので、ややこしや。

今回はトーンカット及び各種ポットの交換等を施させて頂きます。

まずは現状確認です。万が一の事を考え各部の写真撮影は必須項目。

プリアンプ部分はこんな感じです。LF356N搭載です。このオペアンプは評判が良いロングセラー(っていう?)ですね。

ある程度チェックしたところで、改造、部品交換を開始しました。
まずはジャック交換。配線が短いので無理せずにポットも取り外して作業します。

まだ途中ですが、ご要望の状態には出来そうな回路で安心しております。

回路構成の関係でどうしても出来ない改造等もございます。
そして、その場では判断が出来ない場合がほとんどですので、ご了承下さいませ。

ご閲覧ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA