JA22 ジムニー 冷却水漏れ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


冷却水漏れ

以前から気になっていた、何かしらの液体漏れ。
MT換装前のAT時は、ATのオイルパンの周りにこの液体が頻繁に確認できました。
「ATFが緑?」と思っていたのですが、ATFは赤でしたので冷却水の漏れが決定。

ここ数日、駐車場をみると若干ですが漏れが悪化した様でアスファルトに染みが出来る感じ。

目視では、ミッションケースの上部が濡れている程度なのでどこからきているのか分かりません。

こんな時はパーツリストを見るのが一番。


クーリングシステムはこんな感じらしい。
赤丸の部分が怪しいという直感が有りました。
アウトレットパイプはフランジで固定等ではなく、Oリング(7番)を押し付けてるだけ。
潰れて漏れてるのかな?

ネットで見てもK6Aのクーラント漏れではこの箇所のトラブルが結構多い様です。
耐用年数を優に超えているのでしょう。
その他、2番のパッキン付近のトラブルや、3番(2本)、4番のボルトの締め付け不良等も有る様です。

まずは締め付けチェック。
助手席側から見て、この3箇所です。デスビの真下に有ります。奥の一本がちょっと緩んでいましたが、エンジンとの継ぎ目からは漏れは確認できませんのでここは問題ではないでしょう。

運転席側にまわり、アウトレットパイプ(矢印パイプ)を追ってデスビ付近の差し込まれている部分を探します。
付け根付近を触ってみると、やはり冷却水が漏れてます。

おそらく1時間で1滴とかそんな程度なので、ウェスで拭き取って応急処置としてシリコンシーラントを塗ったくりました。

MT化の手続きが無事に終えられたらエンジンをオーバーホールしようと思ってますので、その時一緒にOリングは交換したいと思います。

先ほどアイドリングして確認しましたが、滲みも有りませんのでシリコンでもそこそこ持ちそう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA