ヤマハ SG1000 にアーム(ステッツバー)を取り付ける!!他

SG1000・・・僕も持っていました!!
先輩に貰ったものです。
「売るなり、壊すなり好きにしろ」って事で貰ったんですが、かなり気に入って使ってました

しかし、本数が増えすぎた(一時期50本以上になってた)ので、一気に処分してしまったのです。今となっては、「取っておけば良かった」そんな風に思うギターの一本です。

そんなSGをお預かりいたしました。

・ネック折れ
・フレットすり合わせ
・トレモロ取り付け

をやらせていただきます。

ネック折れは、結構深い割れなのですが、そのまま使えますし、折れたままの状態ですので接着のみでも予後良好を予想致します。
「塗装もお願い!」との事でしたので、目立つ部分はグラデーションで隠しましたが、シリアルナンバーは取っておきたいので、この様な状態で完了とさせていただきます。(よって塗装はサービスとさせていただきます)

問題は、アームです!
ステッツバーのご指定でしたので、取り寄せました。
これが結構高額!33000円也!

ちょっと合わせてみると、合わないぞ?
あれれ、レスポールとスケール違うんだっけか?
同じだと思ってたけど違うんですね。

・・・いやいや、測ってみるとスケールは同じです。
テールピースの位置が全然違うんです。
そんな訳でお客様と相談をして、開けてしまう事になりました。

ヤマハのSGにステッツバーはポン付け不可!という事です。ご注意くださいませ。




万が一純正に戻す時の事を考えて。外した際に露出したままでも塗膜がチップする事の無い様な形状のアンカーを使用致しました。(ステッツバーの裏面はこの出っ張りを考慮した形状になってます)

結構な位置の違いでしょ?この位まで位置を変更しないとオクターブが全く合いません。
アースもちゃんと取り直してバッチリです!!(←これは結構危険作業なので変なとこに穴を開けない様に要注意です)

こちら、元穴に純正パーツを取り付けたところ。
この状態でも個人的には違和感はないと思います。

こっちだとどうでしょうか?
バネに干渉しそうにも無くなったし、出っ張ってないし、これも良いのではないでしょうか?

簡単に付け替え可能ですので、お好きな方を使っていただけたらと思います。

そして、セットアップして完了!!

フリクションの問題と、バネ張力の問題なんかで、フローティング状態(アームアップできる状態)にしちゃうと、どうもチューニングが安定しません。
ストラト使用者のあの戻す感覚が身についちゃうと使えなくもないですが、ダウンオンリーという使い方の方がチューニング的には良さそうです。

これが搭載されると、めちゃくちゃゴージャスになりますね。

SGには最高に似合ってると思います。

御用命、御閲覧有難うございました!!

見てね!!