アコギのリフィニッシュ? ※随時更新

ブリッジ剥がし

アコギのトップのリフィニッシュのご依頼でした。
リフィニッシュとなると、ブリッジは無い方が良いんですが、、、

わざわざ剥がすのもどうなのでしょう?

でも!!今回の場合は、ブリッジがやや浮いてます!!
そんな訳で剥がします!!

なんかブリッジ剥がすのに喜んでる?
こんな気持ちは初めてです。

欲を言うと、ボディに乗る指板も無い方がリフィニッシュには好都合ですが、
まさかその為にネックを外すのは、そっちの方が大変です。

とりあえず、大事に大事にブリッジを剥がしたのが、数週間前の話です。


塗装剥がし!!

トップもバックも割れがございまして、その修理がてら、いっその事リフィニッシュというのが経緯でございます。
通常リフィニッシュはお勧めしておりません(笑)

気合い入れて剥がします。

日焼けって凄いものですね〜。
でもここはブリッジ貼れば隠れるので問題なし。
ピックガードが貼られていた形跡がございましたが、
そこは全く分からなくなったので良かった。

トップの割れも補修済みですが、塗装後にまた再発したり、他の場所が割れたりは十分考えられますが、、、、、、、、、、、、、、、

その時の事は考えたく有りません。

つづく・・・


割れ補修、導管埋め

ブログの更新が遅れておりますが、進めております!

写真はお預かりした際にまで遡りますが、この様に割れがございます。


衝撃による割れと自然の割れ。
接着と補強をしました。
ただ、乾燥で再発の恐れはございますので、お戻し時にお話させて頂こうと思っております。
リフィニッシュ後の割れはショックですもんね。

この他、トップにも1本の割れがございますが、そちらも接着させていただいております。

不思議な事に、、、
極力木材を削らない様に塗膜を剥がす際はギリギリでいきますが、どう言う訳かいつも導管はしっかり現れます。これでもか!って位に深いんです(涙)

僕が作るギターの場合は、あえて残すって事も多いんですが、同じに考えてはいけませんのでしっかり埋めよう・・・。
これが、まぁ大変なのはやった事の有る方ならお分かりのはずですね(笑)

アレコレして、ようやく目立たなくなったのがこちらの写真です。
すっかり傷も分からないですね。

なぜ、作業の方法を詳しく書かずに、苦労話だとかメンタル的な事を書くのか?
簡単言うと、まぁ商売だからです。
実作業はTrade Secretの部分が有った方が良いと思ってます。

『たかがリフィニッシュで、こんなにかかるの???』
そのお答えのつもりでブログ記事にさせていただいているところも多少はございます(笑)

いや、大変なんだよぉ!!って言いたいだけかも(汗)

つづく・・・


塗装〜剥がし〜磨き〜そして・・・

良い感じに仕上がってきました。

表面を水研ぎします。
なんだか後戻りした感じがしますが、塗装工程の一つです。

8分磨きで終え、下の写真の工程へ。(最終磨きは弦を貼る前にやります)

ブリッジの乗る部分の塗装を剥がします。
ブリッジを貼り付け後の塗装でも良い感じもしますよね?
でも、こっちの方が仕上がりが綺麗なんです。

ここでは書きませんが、どっちも一長一短なとこは有ります。

ややブリッジよりも小さく剥がします。
穴が空いてるから位置合わせは簡単に見えるかもですが、ほんのちょっとずれただけでも色々変わってきます。
元々、弦全体が1弦側に寄ってましたので、やや6弦側にずらす感じで仕上げていきます。

貼り付けは本日の最後にします。
『これやったら、やめよう!!」って気合い入りますよね(笑)

つづく・・・

ご用命、ご閲覧有難うございました!!

見てね!!