ウッドベースの弦高調整(駒カット〜整形、ナット溝切削)

ウッドベース(アップライトベース、コントラバス、弦バス)の弦高調整です。

まず、おことわりしておきます。
由緒正しき方法ではございません。
ただ、ロック、ロカビリー、ブルース、ジャズを弾かれる方には問題はないかと思います。

だからと言って、適当って事では決してございません。
弾きやすさは保証しますよ!!

今回も、お預かり時は僕の握力(平均的な男の握力)では、全然弾けない感じでした。
かじってる程度の嫁にも試してもらったところ、『全然弾けない!』という状態でした。

でも、今は弾ける様になりましたよ〜。

作業中の写真がどうしてか、撮ってないんですが、
サドル(駒)を2cmほどカットして、違和感無い様にRを削って、
弦溝を切削しました。
まぁ、一回では上手くいかないのは想定内。
でも、2度目で目標の弦高になり、弾きやすくなりました!!
(魂柱倒すと厄介なので気を付けましょうね〜)

押弦にかなり影響する部分としてナットが有りますが、ここも出荷時のままだとかなり高い事が多い気がします。(それが良いか悪いかは別問題)
コントラバスの弦って太くて硬いので、ヘッドの角度の問題で、
ナットの溝と指板の高低差以上に開放の弦高が高くなります。
(ちょっと説明しにくいです。分からない方はスルーください。と思ったけど、絵だけでも書いときますw)

分かりますかね?
ギターの太い弦もこんな感じで、1フレットとナットの溝を同じにしても、開放が高くなる傾向にあります。

なので、弦の太いウッドベースのローポジションを押さえやすくするためには、かなり削った方が良い事が多いです。
指板と同じ高さまで削っても、そこそこの高さは確保出来る事が多いです。

けど、削りすぎると面倒なので、開放の音を出しながら少しづつ削りました(笑)

うちの嫁のウッドベースの次に弾きやすい感じになりましたよ!!
(何本も触らせてもらってますが、個人的に弾きやすいと思う弦高のウッドベースってロカビリーの方のばかりです)

もっと弾きやすくするには、あとは弦交換ですね!
チューニングの違うソロチューニング用の弦を使うとテンション下がりますので押弦はさらに楽になります。

そして、こちらのウッドベース(チャキ)はデカイ!
弦長がうちのオリエンテより5cmくらい長い!
背丈は10cm近く高い!

その分ややテンションも高いので、押弦をもっと楽に!と思われたら、やっぱりソロ弦を張ると良いかもですね。

ご用命、ご閲覧有難うございました!!

見てね!!