バンドの難しさ。最大歳の差40歳くらいのワンオクコピーバンド

今朝の北見は暖かいですね!!
外で駐車場の氷を割っていたら、どたん、どすん、ぼすん、と屋根からの落雪の音があちこちから聞こえてきます。建物の近くを歩く際には十分にご注意くださいね!!
でっかい氷の塊でも当たった日には大惨事になりかねません。


昨日はバンド練習でした。

ワンオクを中心のバンドなんですが、最大の年の差が40歳!!

昨日のバンド練習 #ワンオク #oneokrock #taka #takaマイク にカスタム #ワンオク超ムズイ!!

touchan69(YuaryGuitars)さん(@touchan69)が投稿した写真 –


初のフルメンバーでの練習となった訳ですが、バンドの難しさをモロに感じています。
というか、ワンオクが難しい。

音楽をちょっとかじった位の人や、ギター小僧たちには『ワンオクのギターは簡単。ドラムと歌だろ!』なんて言われてるみたいですが、ギターもベースも結構難しいです。リズムやちょっとしたキメが難しい。ニクイ、ギターとベースです。
若かりし頃から、邦楽から洋楽、フリーのセッションバンド等、色々とやりましたが、今回はマジで難しく感じていて、折れそうになりますがそれ以上に楽しいので頑張ります(笑)

歳のせいで体に馴染むのが遅いというのも大いに関係してるとは思いますが、リズムが難しいんです。『くっていく』というか『くわれていく』というか、シンコペ部分とかやればやるほど分からなくなったり(笑)この辺りは楽譜を見ても掴めない部分ですよね?というか一度も楽譜は見てませんが(汗)
ブレークが多かったりするんですが、そこであんまりにもドラムが複雑すぎて、入るタイミングを見失ったりしちゃいます。頭でカウントしててもスネアの一発でカウントがぶっ飛んだり(笑)
しかも、そこが僕だけじゃないらしく、昨日の練習ではみんなが入れずに『はーい、終了。』ってな感じっす(笑)

まだたったの3回の練習なので、こんなものだとは思うのですが、なんせライブの日も決まっておりますので、気合を入れなければと思っています。

ヴォーカルは中一の娘なんですが、学年末テストを控えているので、それが終わるまでは練習には参加出来そうにも有りませんし、みんなも社会人なのでなかなかこれにばっかり専念する訳にもいかず難しいです。
ただ、思うのは、楽しむのが一番!!!!

バンド練習の最後にBOOWYをやりますが、そこは本当に気楽に出来るクールダウンな感じっす。体が勝手に動くというか、何も考えずに楽〜な感じで出来るのが、これがまた非常に楽しい(笑)

今晩は個人練習をしよう。
ただ、ワンオクに合わせて弾くと全然問題なく出来るんですが、バンドとなると難しいんですよね。けど、やっぱり人と音を合わせるというのは楽しいものです!!
今はまだほとんどないですが、たまに感じるグルーブ感がたまらないんですよね!!

音楽って良いものです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA