アコギのボディ割れ修理。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


ファイターズやっと勝ちました!!
中田のスリーランホームラン!!めちゃくちゃ嬉しい!!
明日は観に行きます!!

黄色とブルーのかわゆいユニフォームが貰えるし、首位の楽天戦ですし、テンション上がりますわ〜!!

残念ですが大谷翔平の姿は見られません。

まだ、予告先発は出てませんけど、有原あたりかな?
どうでしょう?


さて、残念なボディ割れ・・・。
湿度を考えると、まだまだ時期的に安心してはいけません。

が、湿度管理をしっかりしていても割れる時は割れるらしいです。
僕は実際のところ、自分のギターのボディ割れの経験は無いのですが、聞いた話の中では完璧な湿度、温度管理をされている方でも起こってしまったというお話もお聞きしてます。
持ち出す事だって有るでしょうし、ぶつける事だって有るでしょう。
設計・精度・作り方も関係するでしょうし、弦の張力だって多少なりとも影響するでしょう。
色んな事の関連で起こってしまうんでしょうかね。

難しい問題ですが、悲観的にならず、愛し続ける事が大事です。
傷ついても愛しましょうよ。
割れ筋も愛して〜(笑

数日前から着手しておりますギターがこちら。

小さなギターですが、なかなか良い音です!
割れが更に酷くなるのか?音に影響あるのか?

開き止め、補強が肝心ですね。
筋のど真ん中にしっかりと貼り付けましょう。
分かりにくいですが、鏡越しの丸いパッチがそれです。

湿度、温度の大きな変化でもない限りはこのパッチで十分もってくれます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA