スケボーベース製作過程 ボディざっくりカット!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


いきなりですが・・・
ネットで見つけた写真をごらんください。野球を知ってる人ならかなり面白いですよね(笑

じんわりと始まり深い笑いがきたでしょ?
間違い探しみたいなモノです(笑)


さて、先日のスケボーギターじゃなくて、スケボーベースの続きです。

中島ホームラン!!からの スケボーギターの次はスケボーベース。スケベー!!
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!! 今日の北見市、珍しくどんよりした空模様ですね。 子供達も、部活へ塾...

アルダー材に加工したスケボーデッキを貼り付けて、キャビティの加工をしました。
ジャズベースのレイアウトです。

ボディの形はジャズベースとプレべのミックス的な感じで自由に行きます。
息子が使う(出世払いしてもらいます)予定ですが、『あんまりシャープな形よりもボテッとしてる位が格好良いかね?』という事で、尖らせたりはしません。
尖ってるギターやベースってテクニカルな事をしそうに見えるじゃないですか?(完全な個人的意見です)そこそこの丸さが有ればパンクでもファンクでもロックでもハードロックでも行けると思うんです(笑)

そんな訳で、こんな形になりました。左右非対称な感じは僕のスケボーギターとお揃いに。

僕のスケボーギターは実は通常のギターよりもデカイし厚いんです。大きさこそBBのルシールとまでは行きませんが、重さのイメージはあの位です。
一見、EVH系のギターの様な形ですが、一回り大きい感じです。
元々、大きいギターが好きなんですが、デッキ端の黒い線を残したいが為のサイズなんです。

ただ製作中のベースは疲労を軽減させるために通常のボディ厚にしようと思います。
そうする事でベースでも僕のギターよりは軽いはずです。

ネックは一般的なジャズベサイズです。
ヘッドはそのままでは面白くないので、変えています。
カラフルにしたいので、デッキを突き板に加工してを貼ろうと思った(ギターはそうしてます)のですが、なんせ「急いで作って」と言いますのでブルーダイ+セミグロスで仕上げます。
そして、ロゴも一発勝負の手書きです(笑)
画像は製作途中です。

パーツは汎用の低価格なものを使いますが、オンボードプリアンプを入れるかどうかを検討中です。定番かつ比較的購入しやすい価格のXTCTあたりを入れてブリブリ言わせようかな。

bartolini XTCT [ベース用オンボードプリアンプ 2 or 3 band tone control]

価格:9,072円
(2017/8/3 10:08時点)
感想(0件)


うちのチビ息子にデカイベースが不釣り合いにはならないものか?
『ショートスケールで作るべ〜』と言ったのですが、『いや普通のサイズがいい!』と言い張るので(笑)

スケベー楽しみですが、こいつは夜な夜な時間外にやります。



で、冒頭の写真ですが、次に控えるバッターに注目して下さい。
通常、次のバッターはネクストサークルと言われる円の中で待機・準備するのですが、この人このネクストサークルを間違ってますよね(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA