Gibson Super300 バック割れ補修

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


昨日は定休日でした。
完全に引きこもって、ギター製作にどっぷりとつかり随分と疲れた日でした。
もちろん、それ以上に楽しんでますが。

そうそう、娘の中学ではインフルエンザが大流行りで多いクラスではクラスの半数がインフルエンザという状況の様です。
ちなみにうちの子は元気です。

月曜日のお昼に『木曜日まで学年閉鎖になった。』と帰宅してきたんですが、昨日連絡網が来まして、今週いっぱいまで閉鎖が延長に。

ドラムばかりドコドコと一日中叩いてます。


さてさて、リペアです。

GibsonのSuper300という珍しいギターをお預かりしておりました。
バックの割れの補修なのですが、他の場所がものすごく綺麗でしたので結構困惑しました。

写真を見ながら書いていきますのでお付き合いください。

割れた線を境に左右で高低差も随分あります。Fホールもしくはピックアップ穴からどうにかなるのかな?という状態です。
img_0219
どうにかFホールから平らに出来ましたので、まずは傷口が開かない様にくっつけます。
エアでグルーを圧入します。
img_0275

割れ止め・補強のパッチを切り出します。毎度ひし形なんかでカットしてましたが丸が良いですね。美しいメイプルで(笑)
img_0263

うまいことこんな感じで貼り付けました。完璧に密着してると言い切れますし割れのど真ん中も保証します。超絶テクですよ(笑)ただ、再発等に関しましては使用状況や環境によります。
img_0299

塗装の段差を埋める前に軽く色合わせをしておきます。周りの足付けも忘れずに。
img_0302

クリアで段差のみを無くした状態です。このまま磨けば色こそダメですが問題なく使える状態ですかね。
img_0575

塗装を重ねる事数回。割れ部分はやっぱり他に比べて塗膜が新しいので直ぐに引けが出て線がわかりますね。色はかなり良い感じです。
img_0577

少々広めにクリアを吹いて磨き前の水研ぎを終えたところです。
img_0812

磨きました。そこじゃないですよ。もうちょっと中側が割れた部分です(笑)
img_0813

無事完了しました!!
なんか結構ヘビーな仕事でしたがその分完成時には大きな感動もありました。
gibson-super300

格好良いギターです。
ちょっと弾かせてもらいましたが、チャーリークリスチャンピックもやっぱり良いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA