Gibsonギター、なんかチューニングが合わない?押弦で音が狂う?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


チューニングが合わない?

僕もそうですが、普段背の低いフレットのギターや弦の硬いアコギ、アーチトップに慣れてる方は特に感じるかも知れない・・・。

ギブソンのエレキギターに一般的な太さの弦を張ってローコードを抑えると、なんだか音が合ってない様で気持ちが悪い。

そんな事有りません?

これって、高いフレット、細い弦だと特に感じる様な気がします。
弦長が短いのも関係しているかも知れません。

さらには、オクターブ調整の出来ないブリッジなんかだと余計酷く感じません?

フレット音痴?なんて思われるかも知れませんが、そんなギターは最近では稀です。

どうしましょう?


調整、ブリッジ交換

ネックが反っている状態ですと、やはり押弦んお力がポジションによってマチマチになります。
まずは、ネックの調整を。

ネックをまっすぐにしたらイントネーションを見ていきます。
やはりオクターブピッチが合ってません。
ストップバーテールピースブリッジでは限界が有りますね。

かと言って、ビンテージルックなギターにバダスタイプは装着したくないなんて方もおられるかと思います。
そんな方にはこちらがオススメです。

こちらギブソン純正品ですので、スタッドのピッチの心配もしなくて済みますし、気分的にも良いかと思われます。
見た目も損ないませんし、結構良い感じにイントネーションがとれます。
これです、これ。ギブソン純正はちょい高額ですが・・・。(クリックで商品ページへ)

こちら、ヒスコレのSGですが、雰囲気を損ねていないかと思います。

そして、ネック調整とブリッジ交換で、『音痴な感じ』は激減です。

Gibsonギターでお悩みの方はお試し下さい。

それと、スケールが短く、フレットの高いギターには、細い弦は不向き、もしくは慣れが必要ですね。

ご用命、ご閲覧有難うございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


見てね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA