『ウェーディングシューズの滑らないソールは?』修理と買い足しとソールの違い

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


滑らないソールは?

何年も釣りをしていて、色々使っていると『ソールは何が良いか?』分かってくるかと思います。
僕はそんなに各メーカーの物を沢山を買った訳ではないですが、自分なりに結論は出ました。

勿論、TPO(この場合には適切な表現ではない)に合わせて使い分けるというのが一番。

ただ、一足買うなら「それじゃぁ、ちょっと・・・」というソールも存在しますので、ショップの言葉を鵜呑みにせず一般人の声に耳を傾けてみましょう。

と言うわけで、僕の持ってる(た)シューズのソールについて書かせていただこうと思います。

動画にもしましたが、文字でという方は読み進めていただけたら幸いです!!


フェルトソール

僕はこれが一番!!と言い切れます。
フェルトオンリーのフェルトソールが一番滑らないと思います。
大概の川底には岩や苔が有ると思いますが、そんなところで危機感を感じず歩けるソールはフェルトかと思います。

長年、どこのメーカーも販売し続けている理由はそこだったのだと思います。

今回僕はリトルプレゼンツのライトウェイトウェーディングシューズを購入しましたが、長年愛用のChotaと同様のグリップが得られます。

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ライトウェイトWDシューズ US9 ナチュラムチャコール(NCH) SH-04

価格:10,254円
(2019/7/25 15:47時点)
感想(0件)

価格的にも魅力です。

とても軽く水はけも良いので、よく歩く方には特に良いかも知れません。
近年流行りなのかどうなのか分かりませんが、スノーボードシューズの様なゴツさもなく足裏感覚も比較的よく伝わりますので、僕は良い買い物だったと思っています。

合皮というのは少々不安。流石にChotaの様に20年近く履けるという事は無いでしょう。
まだ使い始めたばかりですので、耐久性は分かりません。

しかし、2年ではちょっと勿体ないですが、3年履けたら年間3〜4000円です。
3年もびっしり使えばフェルトも減るでしょうし、替え時でしょう。
3年使えたらまたリピートすると思います。

あっ、それとシューレースの金具部分のベースが合皮のためか、なんか頼りない感じもします。
それでもこの価格を考えると、十分!!
デザインもオーソドックスですし、ハイテクっぽいのが苦手な方には是非お勧めいたします。


ゴム底・ビブラムソール

滑らないと言われているビブラム等のゴム製のソールはどうでしょう?

ちょっと滑る滑らないはおいといて、個人的な事を少々書かせていただきます。

現在友人の勧めでトレッキングシューズに水抜き穴を開けて併用してます。
Aigleの物なのですが、これがめちゃくちゃ歩きやすい!!
正直なところウェーディングシューズとは比にならないほどの履き心地です。
雪道ですら快適に歩けちゃいます。
泥濘地でも泥ハケが良いし、本当に疲れ知らず。疲れますが、疲れ知らず(汗)

ただ、川に入るとどうでしょう?
苔等のぬるぬるには弱いです。
がっちり沢山スパイクを打ったりもしましたが、フェルトのグリップには到底叶いません。
ただ、苔が1cmも積もってる場合には、フェルトよりもスパイクがちょっとはマシに感じました。が、そこまでの苔ってのはなかなか有りません。
やはりグリップではフェルトが最強!というのが僕個人の意見です。

シムズ Simms メンズ 釣り・フィッシング シューズ・靴【Tributary Wading Boot – Felts】Carbon

価格:24,980円
(2019/7/25 16:07時点)
感想(0件)


Si◯msのスパイク付きビブラムのウェーディングシューズも一度借りて履かせていただきましたが、個人的には断然フェルトが良いと感じました。(ソールの硬さも影響してるかも知れません)
他のSi◯ms愛用の友人から話を聞いても、「何度転んだことか」と言ってました。
スパイクも何種類か有るので、ひょっとしたらそれで違ってくるかも知れませんが、僕は完全にフェルト派です。

ただ、一足で全て!!と考えるのなら、意見は分かれそうですね。

その他、アクアステルスのシューズ(ウェーディングシューズではない)も持っていますが、苔には残念ながら・・・。


フェルト+スパイク

こちらは最近、色んな種類が出てますね!!

「めっちゃ効きそう!!」

と思いますよね?

だがしかし、、、
どうなんでしょう、、、

僕は昔、ブーツフットのウェーダーですがスパイクピン付きフェルトソールの物を使用してました。
二着目だったのでですが、「なんじゃこれ!!」というのが感想です。
フェルトだけのものより断然に滑ります。
はじめは「フェルトの違い?」と思いましたが、そうでもなさそう。
食いきりでピンを一本一本短く切ったところグリップする様になりました。
苔とフェルトがグリップするのをピンが妨げているという印象です。

減りに関しては多少は持つのでしょうか?それはちょっと分かりません。

今は、フェルトにごついピンが付いているものが有ったりしますが、それらは試した事がございません。どうなんでしょう?


修理

ソールの完全剥離と、革ちぎれゴム劣化による剥がれの修理をしました。
ご興味のある方、自分で直したい!!という方は動画をご確認いただけたらと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


見てね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA