ショック!!Gibson レスポールのネック折れ再発!!(涙)※11/19更新

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


レスポールのネック折れ再発

何十本とネックの接着はしてきましたが、剥がれは初めてです。
戸惑っております。
結構ショックが大きかったです。

お客様のお話では『直射日光に長時間当たっていた』との事でした。
しかし、それで剥がれるなんて・・・。
やっぱり戸惑います。

言い訳をするつもりは毛頭ございませんが、大手メーカーのスカーフジョイントの剥がれなんかのリペアもございます。ちょっとした『なにか』なのだと思います。

落ち込んでばかりもいられません。
がっちり付く様に再度試みたいと思います!!


到着時の状況

到着時は、戸惑いによって撮影はしていなかった様子。

着手時の画像はこの様な感じになってます。

ここまでは開いていなかったのですが、完全に開かない事には再接着での強度が心配。

試行錯誤しながら、徐々に開いて、接着剤を落とします。
完全に落とさない事には再発の恐れがあります。
ペーパーを挟んでは抜き取るを只管繰り返します。ただ、角度に違いが出てきてしまいますので、そこにも注意ですね。


奥まで完全に除去出来たと思われます!!

そして、接着!!
接着時のジグは、その都度ギターに合わせて作っています。
作ると言ってもその場限りの物となりますので、お見せできる程の物でもございません。

養生期間はたっぷり設けました。
これでもか!という位クランプし続けました。
これでもか!という位強い力でクランプしました。
クランプの力による接着強度ですが、やはり強い力の方が強度が増す事が実証されております。
接着剤が強力なクランプによって、はみ出して無くなってしまって、接着強度が落ちるのでは?なんて考えも有る様ですが、充填材ではないのでその心配はない様です。

隙間なくがっちりくっついています。

もう少し、このまま養生したいなぁ。

その後、傷線埋めをしていきます。


塗装しました!

一度弦を張り暫く様子を見ました。

大丈夫!!
今度は大丈夫!!
そう信じています!!

そして、塗装。
塗装が厳しい季節になってきたなと実感。

北海道は夏も冬も急にきますよね。
春とか秋が極端に短くないですか?
『薄手の上着が欲しいな』なんて考えているうちに、春はすぐに半袖Tシャツになりますし、秋はいきなりダウンジャケット。
そんな感じしません?

塗装ですが、折れ部分の隠し塗装は同系色を見えなくなるまで吹き付けますが、どうしても黒っぽくなりますし、傷が多少透けて見えたりもします。
それでも塗りつぶしよりは良い様な・・・

隠れるので有れば、いっそこういうのも有りでしょうかね。

これからの行程ですが、クリアを吹いて磨きとなります。

お待たせして申し訳ございませんm(_ _)m

つづく・・・

ご用命、ご閲覧有難うございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


見てね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA