キャッツアイ CE1200−T リペア完了〜『ブビンガもワシントン条約での取引制限なんですね。』

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


ギター弾きの皆さんはもう知っての事だと思いますが、ローズウッドがワシントン条約(CITES)の制限下に。
絶滅しない為の保護なのだから仕方は無いでしょう。
楽器に使われてきた材も必ずしもトーンウッドとして最適な物として選定されたものとも限らない気がしますしね。
『たまたま大量に入手可能だった。』
なんて企業の事情だって多く絡む事でしょう。
かと言って、『いや音重視で選んだ結果なんだよ!』という意見に対立する気も有りませんし、議論する気も無いのでサラリと流してね(笑)

現実問題として、僕もローズウッドは好きですし、指板材として見た時に、『指板はローズ!』という先入観からも他だと違和感を感じるかも知れません。
けど、これも時代の流れです。

あまりアタフタせずに時代の流れに任せましょう。

ローズが貴重になるから今のうちに買おう!とかはナンセンスですね。
少なくとも僕はそう思っています。

作る側として、お客さんのニーズに応えられない自体ももしかすると今後は想定されますが、それも時代の流れです。

時の流れに身を任せます(笑)

で、、、

僕の作ったスルーネックのベースのほぼ全ての材、スルーネックギターのネック部分にブビンガを使っていますが、これまたCITES制限材になった様です。

時の流れですね。

さて、先日ご紹介させていただきましたキャッツアイのギターですが、割れ補修を終えザドル調整、ピックアップの取り付けを施しました。

サドルは『弦高を下げたい』とのご要望がございましたので、削る事に。
本来、ロングサドルは見た目考慮の為に上面を削るのですが、底面が画像の通りあまり良い状態ではなかったので、底面を削りました。

ブリッジの弦溝加工も施させていただきました。

そして、ピックアップを装着!

マグネットピックアップの中では、僕もかなり好きなピックアップです。
シングルとハムが有りますが、僕は断然シングルが好きです。

というのも、若い頃友人とアコギデュオをやってたんですが、僕のはハム(ちょっと高いから良いと思ったんです。)で、相方がシングルだったんですが、アコギ感がまるで違いました。
ハムノイズがどうのなんて、音質・音色を考えた際には些細な問題に思えました。

なので、断然シングルがオススメです!!

>【レビューを書いて次回送料無料クーポンGET】Fishman Rare Earth Single Coil [並行輸入品][直輸入品]【フィッシュマン】【PRO-REP-101】【レアアース シングルコイル】【新品】【ギター用ピックアップ】【RCP】

価格:15,980円
(2017/4/9 09:40時点)
感想(2件)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA