Gibson J−160E フレットすり合わせ。 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 クリックお願いします!!


今日は青空が広がる北見市です。
空だけ見ていると、まだ冬だなんて感じませんし、友達とバイクで走った日を思い出してしまう程。あんな事、こんな事有ったでしょう。
ほんと、急に冬が来た感じで、ほんとほんと辛いですね。
時が経てば雪も溶けて、いずれは春も来ます。
当たり前の事をあえて自分に向けて書いてみました。
みんなで冬を乗り切りましょう。


さて、J−160Eのすり合わせ等リペアです。

ビートルズの使用で一躍を浴び続けているギターですね。

かなりのすり減りで、フレットノイズも出るほどです。

img_0342
相当深いです。ほぼ真っ平らの様な状態になってしまっていますが、元々背が高いフレットですので、山出しをすれば良い感じになります。img_0346

こんな感じで、まずは荒く山を出していきます。
img_0347

こんな感じに仕上がりました。
想像以上に低さは感じず、まだまだ行けそうです。
しかし、ナットはやっぱり高すぎますので、ここは調整が必要です。
ナットが高いままだと、押さえる力が増えて、フレットの減りが早くなる傾向に有ると思います。
img_0356

ポット、ジャックの緩みを修理し、完了となりました。

img_0355

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 クリックお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA