リターンアングラーのスペイキャスト練習



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


スペイキャストとの出会い

スペイキャストとの出会いは20年近く前。

狭い釣り場で、『やけに場所をとって変なキャスティングする奴がいるな!』と思った事がありました。
かなりの衝撃でした。凄い!じゃなくて、ヘンテコにしか見えなかったんです。

当時はそんなキャストをする人はほとんど皆無で、ダブルハンドロッドでもオーバーヘッドが9ほとんどを占めていたと思います。ちなみにダブルハンドでオーバーヘッドキャストをするのは日本特有らしいです。

その後、スコットランドの河川と深い関係がるスコッチ(お酒)の雑誌を読んでいると、フライフィッシングの話も出てきました。
そこで見た言葉がスペイキャスト。

特段興味も持たなかったので、そのまま時は流れますが、『あの時の人はスペイキャストの練習をしてたんだ』とも思いました。
『練習』と思ったのは、飛距離もせいぜいロールキャストほどで、ラインもターンオーバーしていなかったんです。
何よりもたくさんリールから出したラインは、シュートらしき動作の後もぐちゃぐちゃでした。
なに?なに?この人なに?

ただ、当時は誰もそのキャストの存在も知らなかったですし、本やビデオだってなかったので、ほんと手探りだった事でしょう。(数年後見かけた時には素晴らしいスペイキャスターになってました)

その衝撃から1年後くらいでしょうか。
その変なキャストを一緒に見た釣り仲間がスペイキャスターになってます!!

しかも抜群の飛距離。
あの時見た人とは違って、一連の動作が実にスマートで格好良い!!
(その後、彼はトーナメントキャスターになりました。朱鞠内湖のスペイキャストの大会でも上位入賞の常連に。数年後には何人もの仲間達が(まきこまれ)大会に出場し、同じく上位入賞してます。優勝もしたんだっけ?そうそう、中には僕が始めた頃『スペイなんてやらない』って頑なに拒絶してた心の友もいました。)

色々と教えてもらいました。
いや、教えて欲しかった訳でもないんですが、あまりに熱く語るので聞いていたと言うのが正しいかも。

けど、『モノ』が好きな僕。

長い格好良いロッドに興味を持ち始めてしまいました。英国の伝統的なキャストなんて言葉にも惹かれてしまいます。

数年後、CNDのエキスパートスペイとSIXTEENの2本を買ってしまった。


スペイキャスト練習

釣り仲間に勧められるがままに買った初めてのスペイラインはRIOのミッドスペイ。
ベリーの長さが20mくらいだったかな?忘れました。
今となってはかなりロングベリーなラインになりましたね。
当時短いとされていたウインドカッターでも下手したら今は長めの扱いになるのかな。

簡単に出来るだろうと止水で振ってみました!!

お見事!!

下手さ加減がお見事。全く飛ばない。

それでもコツを掴めばそこそこ飛ぶようになって、飛ぶようになると釣りよりもキャスティングに夢中になってしまうほど。

今でもキャス練と割り切って水場へ行くと楽しい。

釣り!と思ってダブルハンドだけ持って行くと、シングルが良かったと後悔します。

ゴルフはやりませんが、スペイのキャス練はゴルフの打ちっぱなしの様なものだと想像できます。

仕事が変わり、住む場所も変わり、釣りから離れた頃、ロングキャストが出来る長尺のロッドなんて使う事はないなと全て手放してしまいました。

後悔。

今年に入りめちゃくちゃ後悔しました。

そんでもって、昔欲しかったアルトモアのサーモサラースペシャリストの中古を購入!!
お盆休み初日に流れの緩やかな頭首工付近で初振り。

釣り人到来で、練習時間はせいぜい10分くらい。
なんとなく感覚が戻ってきましたので、良しとして帰宅。

思う存分練習したいな。

このコンペティションラインも改造は必要でしょうが、投げられそうなパワーがサーモサラーには有ります。

モーリス(MORRIS) バリバス スペイ トーナメント ヘッド コンペティションマスター タイプA ステルスブルー

価格:9,526円
(2018/8/17 08:45時点)
感想(0件)


だがしかし、

実釣はシングルがやっぱりいい。

そんな訳でシングルハンドスペイが今は楽しい。

次回はシングルハンドスペイのライン試行錯誤について書かせていただきます。

Maxcatch Speyフライロッド4ピース カーボンフライフィッシングロッド メッセ・チューブ持って(Size:7/8/9 wt) (14ft 9/10 wt 6ピース)

新品価格
¥14,930から
(2018/8/17 08:50時点)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA