PRSの大改造?まぁ盛りだくさん!! ※随時更新中

製作途中?

製作途中?そんな状態のPRS

フレット打って、塗装して、色々・・・


フレット打ち

フレットを打ちますが、フレット溝には接着剤がびっしりです。
抜いたの僕ですが、何年前だったかな?忘れました。

それと、結構抜いた時のチップが酷いです。

これって腕の問題も有るかもですが、実はそれほど関係しないと思います。

例えていうなら、車ってボルト止めした後に塗装しますよね?
修理した跡なんかは一目瞭然ですよね?
塗膜が剥がれちゃうのは当然ですよね?
剥がれない様に上手くカッター等で切ってからボルトを緩めてもやっぱり切った跡は残りますよね?

そんな感じです。

フレットに接着剤がべっとり付いていたら、木材と一緒に取れちゃう事は多いです。
あの手この手を駆使してもダメなものはダメだったりします。

あっ!
もっと簡単な例で言うと、スーパーのラッピングに貼られた値段シール。
あれを上手に剥がすって難しいですよね?
それに近いかも。(いや違うかも)

まぁ、そんな訳でリフレットにはリスクがつきものです。

では、今回のリフレットを簡単にご紹介です。(最後に問題のチップが出てきます)

フレット溝にノコを入れて、接着剤を描き出すと同時に、使用するフレットの足の長さに合う様にカットします。切り粉が白いのは接着剤だからです。

指板修正して、フレットを打ちました。
これが問題の割れです。結構温めて接着剤を緩めても、こうして抜いた時に割れ・欠けが出来てしまい、最後まで残ります。なので、僕は、『リスクが有るので極力すり合わせで!』とお勧めしてます。でも全然問題ないケースの方が多いのも事実です。
PRS、恐ろしや・・・。(←全部かは分からんです)

現実的なお話になりますが、チップ部分を埋めるとなると有料です。
料金は状態により異なります。
↓最終仕上げは未だですが、そこそこ分からなくもので、言わなきゃ割れた事も分からないかも。

とりあえず、フレット打ちは完了しました。
次は塗装です。

フェイデッドブルージーンです。
工程は多い塗装ですが、面白いので好きです。

ただ、バックにも着色なんですが、PRSってバインディングが無いので境目が厄介だったりします。

つづく・・・


カラーリング!!

フェイデッドブルージーン(フェイデッドデニム)がご希望との事です。
染料を染み込ませては剥がして、、、を繰り返します。

バックの色がナチュラルならまだ幾分楽チンなのですが、やや赤っぽいマホカラーに着色するので、境目が〜・・・。

まずは傷消しと均しをします。
杢の強い材は、どう頑張っても多少なりとも凸凹しますが、それは個性と捉えて欲しいです。

濃い目の青を入れます。

剥がします。

サンプル動画(MIYAKOさんのDEEN)を見ながら色を近づけます。
案外青く無い!というのに、やりながら気がつきました。

剥がします。

日の光に当てたりしながら、濃淡をつけていきます。
ここにクリアが乗ると、またまた色が変化します。
メイプル色が強まるのでイメージに近くなります!
サンプルの色が薄い様で濃い様な難しい濃さです(笑)

時間を空けて客観視出来る頃にOKなら次に移ります!!

ご用命、ご閲覧有難うございます。

見てね!!