テレキャスタービグスビーブリッジへの交換 オクターブ調整注意して下さい!!

↑登録お願いします!!


ビグスビーへの交換

テレキャスターにビグスビー!
見た目だけでも非常に良いですね〜。
全然機能的には今時のトレモロに比べるとアレなのかも?ですが、唯一無二の存在でも有ります。

テレキャスターにビグスビーを取り付けたいという方は、まずはこの記事を最後まで読んでいただきたいです。


今回の状態

今回、『オクターブピッチが合わない』との事でお持ちいただきました。

6弦サドルはこれ以上下がりません。明らかに押弦時のイントネーションが悪い状態。

何度かビグスビー(B5とテレマウントのセット)を取り付けさせて頂いてますが、ポン付けしてしまうと、どのギターでもかなりシビアなオクターブのセッティングを要します。

今回は『弦が太め』『弦高高め』という事も有り、調整の限界でした。
細い弦・低弦高なら問題ない場合も多いのですが・・・。


移設します!

まずは穴埋め。

12フレットから、『弦長÷2+4mm以上』の位置にブリッジの真ん中を持ってきたい。

穴埋めをした木片のかなり端になります。

が、しかし、、、

ピックアップのざぐりが小さくてこのままでは下げられません。

さぐります。


4mmほど拡大し、導電塗装を施しました。

本当はもう少し余裕を持って拡大したかったのですが、これ以上下げるとざぐり穴がはみ出て見えますので、この位が良いでしょう。


組み立て・調整・完了!

組み立てます。
この位置より下げてしまうとざぐり穴が見えてしまいそうです。

結果的には4mmほど下げる事が出来ました。

太い弦、高弦高ですと、4mm下げてもサドルの位置はこの状態です。
それでも気持ちよく弾ける様になりました!!

それと、これ以上ブリッジ位置を下げてしまうと、細い弦を張って、弦高を下げて使いたくなった際に4,1弦あたりのイントネーション調整が出来なくなります。

見た目さえ気にしなければ、サドルを削ったりしても合わせられますが、まずは『普通に調整出来る状態』にするのが最善策ではないでしょうか。

この度はご用命、ご閲覧有難うございました!!


↑登録お願いします!!

見てね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA