ヴィンテージ!!グレッチが大変な事に!!Part3 『指板周辺の分解』

↑登録お願いします!!


指板の浮き

指板が思い切り浮いています。
向こうが見えるほどです。

この症状は今回の『倒した件』以前からかもしれない・・・


音詰まりの疑い

過去に音詰まりを解消するためにハイフレット部分のみフレットが削られてます。

ネック起きの様な症状が見られたのかと思います。
それでハイフレットだけががっつり削られているのだと思います。
フレットはペラペラです。


指板を剥がすぞ!!

指板剥がし・・・。これがすんなり剥がれない場合は本当に苦労するんです。
なので、指板交換等はあんまりやりたくない。
工賃もかなりいっちゃうので、僕としては覚悟さえ決めてしまえば『がんばる!』という感じですが、高額請求をするのがあんまり好きじゃないんです(笑)

今回のギターは少々温めるとすんなりと綺麗に剥がれてくれました。
めでたし、めでたし。

ごつい長方形の鉄の棒が入ってます。
ネックの反りが全然ないのはゴツネックも関係しますが、これの効果が大きいのでしょう。


指板周りの分解

このバインディングがユニーク!
アメリカ的。

剥がれ落ちた部分をどういう訳かローズで補修してます。
2トーンバインディング。
で、こやつが曲者だったりします。そう、木材同士なのでかなり頑丈にくっついてるんです。

無事に分解完了!!

フレットも打ち直します。
バインディングも白で巻き直し。

今回のほとんどが分解して組み立てです。
キットを組み立てるよりも(キットは無いでしょうが)大変!!

けど、蘇る事を想像すると、めちゃくちゃ楽しみ!!


↑登録お願いします!!

見てね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA