ブライアンセッツァーと同じ年代のビンテージグレッチ6120の配線

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


まずは、おしらせです。

子供達の運動会が雨で延期され本日開催される運びとなっております。
そんな訳で少々不在となります。
15時過ぎには戻っておりますので、よろしくお願い致します。

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。


グレッチの6120といえば、ブライアンです。
僕も昔、ロカビリーにはまっていた頃に所有した事がありました。
このギターを所有している頃は、いつもリーゼントでした!
今でも時々欲しくなるギターです。
買う事は出来ませんが、中古をみていたら、近年ものですと掘り出し物が出てきます。

【中古】 GRETSCH グレッチ G6120 エレキ ギター ダイス カスタム トーン ボリューム ハードケース付き N2463450

価格:147,800円
(2017/6/5 09:32時点)
感想(0件)

格好良いですね〜。
案外、ブルースやジャズなんかにも良いですよね。

その6120のほんまもんのビンテージが先日まで有りました!
今回は、配線をいわゆるホットロッド配線に変更のご依頼でした。
ホットロッド配線とは、おそらくブライアンのホットロッドモデルが出た時に、つけられた名前かな?
複雑な配線を1ボリュームのみにしたものです。

こちらが、HOT ROD配線の図面です。

配線はシンプルなものですが、なにせ箱ものですので、取り回しにも注意が必要ですし、部品の取り付けなんかがかなり大変なんです。

大掛かりな事ついでに、各所のチェックのためにも全部ばらすのが良いすかね。

パーツも全てビンテージのままですので、再利用するスイッチなどの接点は綺麗に洗浄しましょう。

コンデンサーなんかもマニアが見るとよだれを垂らしそうなものですね。

ワイヤー類も極力オリジナルを使い、無事にホットロッド配線に変更完了!

まー、かっこいー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA