PATA的レスポールとウェザーチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


PATAのレスポール

PATAのレスポールと言えば、X初期はレスポールカスタムのブラック。
一度だけ所有した事が有りましたが、あんまり気に入らず手放してしまいました。
当時、僕も若かったんでツヤツヤの黒が汚くなるのが嫌であまり触らず。
ラッカーの黒なんて傷を気にしていたら使えません。
ちょっとクロスで拭いただけですぐに拭き傷がつきます。
あれが非常に嫌でした。
はじめから傷だらけなら気にならないのかもですが、中途半端な傷が当時は許せなかった。
そんな僕も、今では全然そういうのは気にならない。
むしろ育っていく(経年劣化)のを楽しめそうです。

ブラックビューティーは今でも憧れのギターですが、僕はコレクターでは無いので実際に弾くであろうギターしか所有はしないでしょう。

けど、フェルナンデスのTEJの黒はいつも欲しい。アレが僕の究極の憧れかもしれません。

【入荷しました!!】Fernandes TEJ-STANDARD 2S BLK (BLACK)《エレキギター》【送料無料】

価格:38,880円
(2018/9/21 10:08時点)
感想(0件)

見た目は当時の70と同じです。
パッシブピックアップですが、僕にはあんまり関係無いです。
随分と価格も抑えられてますし、ポチっちゃいそうですが、使い道もなさそうだしな。
BOOWYとかBUCK−TICKバンドでもやれるなら買うんですけどね。

随分と話がそれてしまって申し訳御座いません。


メイプルの節とチェリー足し

メイプルの節を再現しようと思います。
かなり厳しいですが、少しづつ木目を書いていきます。
こう見えてかなり色々な色を使ってます。

PATAさんのレスポールはレモンドロップと言われておりますが、画像を見る限りでは退色しきってませんね。
元の色も若干の青が残った様な色で格好良いのですが、チェリーをほんの少々だけ吹きます。

トップ以外のマスキングを済ませて塗装します!

こちら吹く前。※肉眼だともっと周りが黒っぽい。

こちらチェリーを拭いた後。
あれ、画像ではほとんど変わって見えない!?
いやいや、そんな事はないでしょう。

そして、クリアを吹きます。ライトの違いで随分と色が違って見えるものですね。


磨き〜色比べ

塗装途中も画像を確認しながら着色をしましたが、ギターを参考画像の横に置いて色を比べてみます。結構良い感じだと思います。

パーツが付いたらもっと雰囲気は出ると思いますが、ちょっと磨きすぎ。
綺麗だと雰囲気が出ません。
きっと、若干のヤレ感やウェザーチェックが入ると迫力も増すでしょう。(元々のウェザーチェックも結構あります)


ウェザーチェック

下の塗装の関係が結構大きいと感じてますが、フェンダー系のオペイクとウェザーチェックの出方は違いますね。そう感じるだけ?
それと、木の種類なんかでも変わってくるのかな?

はい、若干ツヤにヤレ感を出して、ウェザーチェックを少々プラス。
この距離の写真では綺麗に見えますが、そういうものです。

現物を見ても写真集を見ても、正面からのこの距離ではほとんど分からないですよね。
ビューティーオブザバーストを見ても正面写真ではほとんど分からないものばかりです。
(↓新品では購入できない様です)

ビューティ オブ ザ バースト (リットーミュージック・ムック)

中古価格
¥9,000から
(2018/9/21 11:00時点)


うお!すごい貫禄!!という戦前ギターなんかもお預かりしますが、ツヤは保っているものがほとんどですし、ウェザーチェックがびっしりでも写真には写らないですね。オペイクやGTは結構写ったりしますけど。

かなりライトだのアングルだのを駆使して撮るとこんな感じです。

パーツをつけて弦を張ったら良い感じになるかと思います!!

もう少しです。頑張ります!!

余談ですが、、、北海道ですと、冬場のギターの受け取り開封には注意が必要です。
僕、昔、カスタムショップのストラトを意を決して新品購入したんです。
到着するなり、暖かい部屋で開封しました。
嘘ではなく、パキパキと音をたて一瞬にして物凄い量のウェザーチェックが入りました。
極寒氷点下の北海道では当たり前?
NOSがクローゼットクラシックに変身しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←クリックしてね(^з^)-☆!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA