【ヤマハ FG】【弦間・弦ピッチは弾きやすいですか?】

↑登録お願いします!!


FGの弦間

FGの弦間になれてしまうと、これは非常に良いのだとか。
他のギターから持ち替えた際には、あの狭い弦間には違和感を感じるのだとか。

ナット側もサドル側も弦間が狭いですね。

僕は違和感を感じる側の1人です。

でも、本当に真逆の方も大勢ですよ!!


まずはブリッジ切削

弾きにくい弦間を変更する前に、まずは弦高調整を。
ブリッジが高いので削ります。
サドル溝との兼ね合いを見ながら。

そして、グラグラだったサドルの作り直しもさせていただきます。


弦間

弦間はちょっと強引?そんな気もしますが、全然無理がかかる感じはないですよ。
弦の溝で位置を導く感じです。

1弦はほぼほぼ位置の変更は無しです。

フレットの状態だとか、指板の幅なんかを考えた際に、あまり端に寄せると弦落ちする様な状態ですので、1弦は気持ちだけ。

6弦は親指で楽に押弦したいとの事ですし、弦落ちはそうしませんのでギリギリ攻めていきます!


こんな感じ!

こんな感じです!!

真正面からですが、やんわりとカーブしてるのが分かると思います。
ピンの周りもしっかりと面取りしてますよ〜。


ナット

ナットも寄せていきます!

指板と弦のバランスはこの様な状態になってます。
1弦も弦落ちしない感じです。
もう少し端に寄せた途端、おそらく現落ち頻発すると思います。
でも6弦はこの程度寄せても大丈夫です。
(この辺りも、打ち合わせをさせていただいております)


完了です!!

GW中に完了していたのですが、弦溝を低くしたのでやや逆反りのネックを調整させていただきました。
普通の事ですが、サドルで調整するとローフレットが詰まる場合が多いです。

本当に良い感じになりました!!

御用命・ご閲覧有難うございました!!


↑登録お願いします!!

見てね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA