【巨大・特大】【イトウ釣り・鮭釣り】【自作・改造】ランディングネット

↑登録お願いします!!


ハンドメイドランディングネットって、『手編みネット』が多い様に感じますが、ちょっと気分を変えてリリースネットは如何でしょう?

魚にも優しいです!!

『魚にも優しい』って・・・

ちょっと独り言・・・
釣り人って、魚釣りのルールやマナーには目くじらを立てていろいろ言ったり書いたりしますが、僕はちょっと疑問。そんな僕もそんな釣り人で全く同じでは有ります。
私生活を見てみると決して褒められるものではない。寒けりゃストーブだってガンガンつけるし、暑けりゃエアコンだって使う。立ちションだってします。
急いでいる時には大量の無駄なガスを撒き散らし法定速度違反だってする事もあるとかないとか。
ティペットの切れ端は気にしますが、仕事でのゴミは気にならない。念入りに掃除はしているつもりかも知れませんが何かを切断したらカスだって出ます。
魚に気を使うのは良いけれども、家族を大事にしているのだろうか?友達を労う事をしているのだろうか?
言い出したらキリがないですよね。

なので僕は人の事は言わない。少なくとも公の場では言わない。心を許した友人・家族間だけの『なにげない会話』に留めておこうと思います。言える様な人間ではないから。

今の世の中、言われなくても当人は分かっている事が多いはず。
分かっていてもやってしまう。
ネット上なんかは匿名であれば、好き放題に書いたりしちゃう方もおられます。
時には揚げ足や粗探しに命をかけているのでは?私生活は順調なのだろうか?と心配してしまう様な事もあります。
まとまなつもりでも、やる気はなくても失敗だってしてしまう。
人を変えるのは難しいです。自分が変われば何かが変わるはず。僕も変わらなきゃと思いはしているものの、そう簡単では有りません。少しづつでも変わって行かなきゃ。時代に合わせて行かなきゃ。

あっ、すみません。

『魚に優しい』からランディングネット改造とは関係のない話になってしまいました。

話を元に戻します。
イトウのネットなんですが、やはり背中に有ると便利ですよね!
立ち込んで釣りをしていると、陸に置いてあるネットを取りに行くのが結構大変!!
いつも川で使うサイズだと役立たず。僕は常に大物を釣る気持ちで挑んでます。
糸だって人より太いかも。ロッドだってひょっとしたらオーバースペックなの?
大物を確実に釣り上げるためには必要なのです。
背中にも大きなネットが欲しい。
有れば安心だと思うんです。

僕の場合、ネットが有ると本当に安心感は倍増します。
実際にキャッチ率も上がります。

鮭釣りを毎朝毎夕していた頃にはそう感じました。
鮭釣りの時はキャッチ前提なので砂浜にずり上げるのですが、波打ち際でのバラしが非常に多いと感じます。
地面に魚体が触れると暴れますし、物理的抵抗も生まれます。
そこで外れてしまう事は多い。
なのでネットって大事だと思うんです。
海サクラを釣っていた春は必ずネットでキャッチしていましたが、足元バラシは一度もなかったです。
なのでネットって大事だと思うんです。(←2回目)

別の観点からですと、
時間をかけずにそこそこの水深でキャッチした魚は、リリース時に元気な気がします。
気のせいではないと思います。
先日の91cmイトウも友人と息子の助けにより、有る程度の水深でキャッチをしましたが、リリース時もびっくりする位元気でした。(ただ、深いところですと撮影時には釣り人がびしょびしょになりますが、それは好きでやってる事なので当然でしょう)
なのでネットって大事だと思うんです。(←3回目)

用意した素材はこちら。

それを改造します!

それ用の網(リリースネット)をミシンがけして作ります。

そして!完成!!

しなやかで目の細かい網が魚に優しそうで良い感じです!!
↑これも、
心のどこかでリリースの釣りとはなんぞや?と日々葛藤し続ける釣り人が、釣る事の後ろめたさを緩和させるための思考なのか?

釣りはやめられないから仕方が有りません。


↑登録お願いします!!

見てね!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA